FC2ブログ

記事一覧

【コロナウイルス 感染症対策】 コロナウイルスに負けない 楽しい運動会の団体競技

目次◆ はじめに◆ 感染症対策をした団体競技①「リレー玉入れ」◆ 感染症対策をした団体競技②「段ボール運び」◆ 感染症対策をした団体競技③「ボール集め」◆ おわりにはじめに 各学校では、新しい生活様式における感染症対策を行った上で、教育活動が再開されていると思います。そして、従来の行事等の「内容変更」を迫られていると思います。 特に学校行事の花形である「運動会」は、子どもたちや保護者の皆さんの期待も大きく...

続きを読む

「ねこちゃん体操」の紹介~体幹コントロールの感覚を楽しく覚えよう~

「器械運動を嫌いの子が多い。」と信じている先生は全国に多くいるのではないでしょうか?器械運動は、「できる」と「できない」がはっきりと見えてしまう領域です。ですから基礎的な感覚が育っていない状態にいきなり難しい技が提示されると、尻込みをしてしまったり、できないと決めつけてしまったりする子が現れてしまいます。実はやってみる前の「決めつけ」が「嫌い」の正体なのではないかと思っています。◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ...

続きを読む

なわとび練習台の作り方~手作りジャンピングボード~

手作りのなわとび練習台(ジャンピングボード)を作成してみました。市販のものは、こんな感じになります。ジャンピングボードは、なわとびをする際に子どもの跳躍を補助する道具です。ですから、跳ぶことに意識を向けなくてもよくなるので、ロープを回すことに意識を集中できます。その結果、2重回しや、2重あや回し(はやぶさ)がとっても簡単にできるようになります。また、軽やかに跳躍する癖が自然と付くので、膝が曲がった「...

続きを読む

組立体操・組体操 講習会レポート その1~サボテンを安全に指導するためのコツ~

 全国の学校で行われている組立体操による事故・怪我が相次ぎ、組立体操の実施そのものに厳しい目が向けられています。 自治体や教育委員会によっては、段数の規制を行ったり、全面規制をしたりしています。体育に関係するみなさんは、きっとこの問題に注目していることでしょう。僕もその中の1人です。そこで… 日本体育大学で行われました「組立体操・組体操 講習会」(2017年1月29日)に参加し、学んできました。 講習会で...

続きを読む

リズミカルに跳び越そう!小学校の「ハードル走」授業作り3つのポイント⑤

リズミカルに跳び越そう!小学校の「ハードル走」授業作り3つのポイント⑤「ハードル走」の授業作り3つのポイントをざっくりいうと…◆3つのNG「長いコース」「ハードルが少ない」「高いハードル」に気を付けること◆4年間で心と体を耕し、2年間で「陸上」というスポーツ文化を堪能すること◆6年間は遊びから競技へと変わるグラデーションを意識すること 今回は、3つ目の「6年間は遊びから競技へと変わるグラデーションを意識する...

続きを読む

プロフィール

山形昇平

Author:山形昇平
北海道教育大学附属札幌小学校にて11年間教員として勤務、その後北海道コンサドーレ札幌への出向を経て、現在は札幌市内教員です。学級便り・学校便りの発信、育児・子育てへの提案、運動・遊びのアイデア発信をしています。お子さんの成長の一助となれば幸いです。

ファンタイムへのアクセス数