FC2ブログ

記事一覧

水平思考でアイデア創出~AI・人工知能に負けない考え方37~

 上の写真は、Z会 会員向け広報誌「Z³(ゼットキューブ)」の表紙です。 Z会とは、主に小学生~大学生および社会人向けの通信教育を行っている会社です。その広報誌の2017年、第1号が「AIとともに生きる未来とは?」という特集を組んでいるのです。 研究分野、経済分野などがAI・人工知能に関心を寄せているのはもちろんですが、教育界にもその影響が及んできていることを示す例と思い紹介しました。 特集は、AI・人工...

続きを読む

運動神経がよくなる10の方法「ボールを使った遊び⑮」バリアボール

 お子さんが豊かなスポーツライフを営んでいくために「かしこい体」を手に入れる方法をお伝えしています「運動神経がよくなる10の方法」です。 ボール遊び編では、ボール使った楽しい遊びを通してパッと体を動かせる巧みな体を目指して情報を紹介しています。15回目となる今回も、前回に引き続き「プレイ経験の蓄積」の重要性について説明しています。 まずは遊びの紹介です。今回は「バリアボール」という鬼ごっことボール遊...

続きを読む

叱り方研究所~子育てのグッドサイクルを生み出すダメ出し~ケース11「例え話をしながら納得させたい時の叱り方」

「例え話をしながら納得させたい時の叱り方」  お子さんを叱る時、例え話をしながら言って聞かせることがあると思います。さてどちらの方が、「あなたの話が正しい」とお子さんは判断するでしょうか? ①江戸幕府の将軍徳川家康のエピソードを例え話を活用して言って聞かせる。②ドラえもんに出てくるのび太のエピソードを例え話を活用して言って聞かせる。   叱る時だけではなく、人は相手を納得させたい時に「例え話」を利用...

続きを読む

学校便り・学級便り「どうしよう?はチャンスを知らせる合図」

 春は、子どもたちにさまざまな選択を迫る季節です。 そして、その選択が子どもの力を開拓したり、伸ばしたりということと密接につながっていると思います。 一方、多くの子どもがその選択の根拠を「面白そう」「できそう」「向いている」等、今の自分の状況に求める場合が多いように思います。それが悪いとは言いませんが、それが全てではないということは伝えていきたいものです では、本文をどうぞ。 学級通信 どうしよう...

続きを読む

お話の薬屋~本日は「新しい環境に馴染めずにいる方」に処方します

 こんばんは、お話の薬屋です。あなたの心に効くお話を処方します。 たいていの人はふとした時に、自分の人生の意味を考えてしまうものです。そして思いを巡らし、時には戸惑い、悩んでしまいます。  一方…あなたの人生に力を与えてくれるメッセージは、お話となり世界中に存在しています。 でも、それらのお話は、「真の力」を言葉という固い箱に閉じこめ、隠しているのです。 あなたがもし人生の意味を知りたいと願い、話...

続きを読む

かっぱ寿司で人気の「サラダ軍艦」をつくっちゃお

 ツイッター等、メディア話題のかっぱ寿司の「サラダ軍艦」を作ってみました。 これです。サラダ軍艦。 かっぱ寿司は、札幌にないのですが、各回転寿司店で似たものが販売されています。はま寿司では、「シーフードサラダ軍艦」 スシローでは「シーサラダ軍艦」 魚べいでは「シーフードサラダ軍艦」といった具合です。食べたことがある方も多いと思います。  ちなみに、かっぱ寿司のサラダ軍艦とは、ボイルしたイカゲソとカ...

続きを読む

学校便り・学級便り「キミは僕の心にいるよ」

 4月は新しい学校生活が始まる時期です。 子どもによっては、新しい学級に所属することになります。子どもに限らず、新しい人間関係を築いていくのは大きなエネルギーを伴うものです。だから、前年のメンバーを解体し新しい学級を受け持ったときは、いつもこの学級便りを出しています。テーマは「名前を呼ぼう」です。 新しい人間関係を築いていくうえで、最初の手立ては「名前を呼ぶ」ことだと思っています。名前を覚えるとい...

続きを読む

プロフィール

山形昇平

Author:山形昇平
北海道教育大学附属札幌小学校にて11年間教員として勤務、その後北海道コンサドーレ札幌への出向を経て、現在は札幌市内教員です。学級便り・学校便りの発信、育児・子育てへの提案、運動・遊びのアイデア発信をしています。お子さんの成長の一助となれば幸いです。

ファンタイムへのアクセス数