FC2ブログ

記事一覧

子どもの失敗する権利を保障する

子どもの失敗する権利を保障する子どもの失敗する権利を保障していますか。子どもの失敗する権利を奪ってはいないでしょうか。発明王のエジソンはかつて「私は失敗したことがない。これまでうまくいかない1万通りのやり方を見つけただけだ」と言いました。失敗は、うまくくいかなかったという結果だけでなく、そこから学ぶべき要素がたくさんあるということ。子どもの失敗する権利を保障していますか。「言われてできること、見て...

続きを読む

運動神経がよくなる10の方法「ボールを使った遊び⑲」チームで風船ドッカンゲーム

 お子さんが豊かなスポーツライフを営んでいくために「かしこい体」を手に入れる方法をお伝えしています「運動神経がよくなる10の方法」です。 そのボールを使った遊び編も終盤19回目ということで、前回から「ボール遊びのバリエーションを増やすコツ」をお伝えしています。◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ さて、小学生時代に目指すべき「かしこい体」とは… あらゆる場面に対応できる「巧みな動きで満たされている体」のことで… かし...

続きを読む

学級通信 「挫折はもしかしたら、大きな扉なのかもしれない」

 課題に直面した時が今回の便りのテーマです。 子どもはもとより、人は何かに取り組んでいる時、課題にぶつかることがあります。 その時、目の前に「続ける道」と「止める道」が現れます。そこで子どもは決断を迫られるのですが、その時大事になってくるのは、課題を乗り越えた向こうに何があるかということを想像することです。 特に、挫折と感じるくらいの大きな課題の場合、それを立ちはだかる壁と考えるのと、扉を開ける作...

続きを読む

叱り方研究所~子育てのグッドサイクルを生み出すダメ出し~ケース14「執着を断ちたい時の叱り方」

  あなたのお子さんは、携帯ゲームが大好きだとします。四六時中ゲームをしているので、他のすべきことがおろそかになるほどです。あなたは、ゲームを禁止することにしました。さて、どちらの叱り方がゲームに対する執着を減らすことができるでしょう。 ①厳しく怒り、子どもが届かない戸棚にしまってカギをかける。②携帯ゲームの悪い面を話して、あなたに渡させる。   一般的に「叱るより褒めろ」と言われますね。 しかしな...

続きを読む

プロフィール

山形昇平

Author:山形昇平
北海道教育大学附属札幌小学校にて11年間教員として勤務、その後北海道コンサドーレ札幌への出向を経て、現在は札幌市内教員です。学級便り・学校便りの発信、育児・子育てへの提案、運動・遊びのアイデア発信をしています。お子さんの成長の一助となれば幸いです。

ファンタイムへのアクセス数