FC2ブログ

記事一覧

子どもを勇気づける方法 ~はげまし名人 コボちゃん~

さあ、今日も子どもを勇気づける「はげまし名人」になりましょう。

勇気があるから、「やる気」「本気」「元気」「根気」「活気」が生まれます。



冷蔵庫はえらいね
年中終夜運転で




今日はコボちゃんの言葉から引きました。
コボちゃん

コボちゃんは、読売新聞の朝刊で1982年から連載が開始された植田まさしさんによる4コマ漫画です。
本日、1万2千回を突破しました。

この漫画には、コボちゃをはじめとする一家の日常が描かれています。ごく普通の風景の中に、時には風刺あり、笑いあり、ほっとする話ありで毎朝新聞を開くのを楽しみにしてくれます。もしかしたら、読売新聞を購読する動機の半分くらいはコボちゃんにあるかもしれません。

ところで、今回のコボちゃんの言葉、「冷蔵庫はえらいね、年中終夜運転で」が名人の言葉です。

この言葉により、冷蔵庫は、自分の存在や価値に気づいてもらえて大変喜んでいます。

大人は、子どもの「Do(行動)」を評価しがちです。

「計算が早いね」
「跳び箱の8段を跳べるなんてスゴい!」
「また漢字のテストの点数悪かったの、ダメね」といった具合に…。

一方、行動を支えるその子の「Be(存在)」は、当たり前とされがちです。

でも、その子のが今いるからこそ、その子が努力が存在しているからこそ、

Doの評価ができることを忘れてはいけません。

「Doの前には、Be」があるのです。

コボちゃんの言葉は、その当たり前に気づかせてくれます。

気付いた方は是非、お子さんがそこにいることを褒めてあげてください。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

全国紙の最長記録が、東海林さだおさんの毎日新聞「アサッテ君」の1万3749回です。
コボちゃんは、今日でまたこの記録にまた一歩近づいたことになります。

毎朝新聞の隅っこから、勇気づけてくれるコボちゃんに感謝です。

お子さんが未来に挑み、一歩を踏み出す勇気をもてるようはげまし名人になりましょう。

そして、お子さんの未来にFunタイムを!


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山形昇平

Author:山形昇平
北海道教育大学附属札幌小学校にて11年間教員として勤務、その後北海道コンサドーレ札幌への出向を経て、現在は札幌市内教員です。学級便り・学校便りの発信、育児・子育てへの提案、運動・遊びのアイデア発信をしています。お子さんの成長の一助となれば幸いです。

ファンタイムへのアクセス数