FC2ブログ

記事一覧

もういちどの道、もうやめるの道



附属札幌小学校4年2組学級通信 8号を再編集し、再発行しています。
子どもたちにめあてをもたせている先生は多いことでしょう。
また、新年を迎えるにあたり、1年のめあてを決めた子どももいるでしょう。

めあてを決める時の子どもの目は「やるゾ!」という力に満ちています。でも、時が経つにつれ、その力は失われていきます。

その力が失われてきた時こそ、先生の出番です。

 では、本文をどうぞ。



附属札幌小学校4年2組学級通信 8号
もういちどの道、もうやめるの道





 学年のスタートに、どの子もめあてを定めました。
 どれもその子に合ったとてもよいめあてだと思います。

 1か月たった昨日、あらためて自分のめあてを見つめる機会を設けました。

もういちどやろうの道1_6p

もういちどやろうの道2_6p

 そりゃそうです。
 めあては、今できないことや不十分なことをめあてにしているのですから…

 じぶんで「こうありたい」とか「成し遂げたい」と思っていることですから、
 そう簡単にうまくいくものではありません。

もういちどやろうの道3_6p

 先生は思います。
 めあてを定めることはとてもよいことです。
 また、めあてを達成することもよいことです。

 でも、一番の宝物は、「もういちど」の道を選び続ける努力です。
 うまくいかなくても、失敗しても、努力はキミに貯まり続けています。

 もう1か月ではありません。
 まだ1か月です。
 
 うまくいかないのは、そのめあてがでっいからとワクワクしましょう。先生は、もう一度に挑む子を支えていきます。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山形昇平

Author:山形昇平
北海道教育大学附属札幌小学校にて11年間教員として勤務、その後北海道コンサドーレ札幌への出向を経て、現在は札幌市内教員です。学級便り・学校便りの発信、育児・子育てへの提案、運動・遊びのアイデア発信をしています。お子さんの成長の一助となれば幸いです。

ファンタイムへのアクセス数