FC2ブログ

記事一覧

1年生から辞書引きが大好きになる5つのステップ~第2歩目~

辞書引き1

 深谷圭助氏の提案する、辞書引き学習を現在の1年生のクラスで実践しています。

 取り組むのは、1週間にたったの10分です。

 たったの10分ですが…

 子どもたちは、辞書引きが大好きになりました。

 そして、

 「なぜ?」「どうして?」と問い続け、「アクティブに学ぶ子」が育ちました。

 その5つのステップをお伝えします。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 「辞書引き学習」の入り口は、

 「知っている言葉」から選んでいく

 ということです。
 あくまでも「選ぶ」のです、「知らない言葉を引く」との違いに注意してください。

 これが「コロンブスの卵」なのです。
 辞書といえば「知らない言葉」を引くものというイメージを持っていませんか?
 そうではなく、「知っている言葉」を選ぶ所からスタートするのが大好きになる大きなポイントです。

 辞書を引くものと考えず、読物にしてしまうのです。

 辞書引き学習法は簡単。
 
◆ 机の上にカバーを外した状態で辞書を置いておく。
◆ 常に机の上に辞書を置きっぱなしにする。
◆ 引いた言葉を付箋に書いて、そのページにはる。

 これだけです。
 あとは好きな言葉、気になる言葉を見つけるだけです。
 
◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 では、ここからは1年生の山形学級での辞書引き学習、最初の5週間の実践を紹介していきます。

 今日は、その第二歩目、「辞書は絵でも引ける」をお伝えします。

 山形学級の第二歩目、それは…


辞書を開いて、動物園にいる生き物を探したこと。



 それだけです。


 みなさんは小学生用の辞書をよく見たことがあります?

 挿絵がいっぱいあります。中には、写真のページがある辞書もあるのです。

辞書_挿絵 

 だから、辞書の引き方や、語順の法則を知らなくても十分探せます。

 子どもたちには、

「辞書から動物園にいる生き物の言葉を探そう」

 と投げかけました。

辞書_クジャク

 ちなみに、基本のルーティーンはいつもと同じです、

①言葉を見つけたら、ページの余白に付箋をはること。
②付箋には、その言葉と何番目に見つけたかを書いておくこと。
(http://www.mmm.co.jp/office/post_it/jishobiki/howto/index2.htmlを見ればもっと詳しく分かります)

 挿絵を子どもたちはどんどん探し始めます。

 そして、しばらくすると…どうなったと思いますか?


 なんと、挿絵がない言葉を探し始めたのです。


 ある程度の時間が経過すると、挿絵のある言葉は出尽くします。

 すると、挿絵の無い言葉探しにチャレンジし始めたという訳です。

 また、「他人とは違う生き物を見つけたい」という心理も働いたようです。子どもたちの追求心と集団のパワーに改めて感心しました。


 こうなったら、もう何もいりません。

 子どもは夢中になってページをめくり続けます。

 これが山形学級の第二歩目、「辞書は絵でも引ける」です。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 ちなみに、「動物園」を作る以外にも、

 「レストランを開こう」だと、食べ物の言葉を探すことになりますし、

 「八百屋」も行けると思います。

 ただし、「動物園」は、動物に加え、虫なども入れることができるので、ハードルが低くなりおススメです。

 子どもの中には、「麒麟」「龍」などを見つけて、動物園に入れて楽しんでいる子もいましたよ。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 「なぜ?」「どうして?」と問い続け、「アクティブに学ぶ子」を育てる辞書引き学習。

 辞書は「ランダムアクセス」なとろがミソです。


 物語をはじめとする多くの本は、「筋」や「流れ」というものがありますよね。

 それが面白いのですが、一年生にとっては、それを理解するのがつらい部分でもあるのです。

 しかし辞書は、好き勝手に、どのページを開いても成立してしまいます。

 しかも、言葉以外の挿絵というアクセス方法もあります。


 「それじゃあ遊びじゃない?」と思っている方もいるんじゃないでしょうか。

 最初は遊びです。でも…だんだんと子どもが変わっていきます。


 詳しくは、次回をお楽しみに。

 あなたの学級に辞書引きの楽しみとFunタイムを!


            
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山形昇平

Author:山形昇平
北海道教育大学附属札幌小学校にて11年間教員として勤務、その後北海道コンサドーレ札幌への出向を経て、現在は札幌市内教員です。学級便り・学校便りの発信、育児・子育てへの提案、運動・遊びのアイデア発信をしています。お子さんの成長の一助となれば幸いです。

ファンタイムへのアクセス数