FC2ブログ

記事一覧

花まるをもらえる作文を書く方法 ~ミニ日記で育てる作文力 その16~


 本来、子どもは書くことが嫌いではありません。そのことは断言します。
 僕の出会った子どもたちは、宝物のような文章を書いてくれました。

 16回目からは、「誰でも読書感想文で花まるをもらえる方法」をお伝えします。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 みなさんは、読書感想文にどのような印象を抱いているのでしょうか?

読書2

 読書感想文といえば、夏・冬休みの宿題の定番ですね。

 「書けない」という苦い思い出をお持ちの方も少なくはないのでしょうね。


 実際、「我が子に教える作文教室」の執筆者である清水義範さんは、著書の中で、

読書感想文は書かせるな。 

と言っています。

あれ(読書感想文)はむしろ害の方が大きいほどだと思う。
なぜなら、小・中学生にとって読書感想文を書くのは難しすぎるからだ。本を読んでその感想を書けというのは、要するに書評のようなものを書けと言っているわけで、そんな高度なものが子供に書けるわけながい。


 はい、たしかにそうです。僕もそう思います。

 一方、コンクールの定番でもあるのが読書感想文。また、国語の学習でもよく行われる活動でもあります。

 入賞したり、褒められたりしたことがあり、嬉しい思いをするきっかけになったかともいるはず。


 読書感想文は、書き手(相手)の表現から、思い・考えを読み取り、
 それに対する自分の気持ちや、思い・考えをきちんと文章に表していく活動です。


 

 ですから、分かりやすい手立てやゆっくりと手順を踏めば、

 最高の「コミュニケーショントレーニング」と「思考トレーニング」

 となるのです。


 というわけで…

 今回からは、「誰でも読書感想文で花まるをもらえる方法」をテーマにお送りします。

 しっかりと手順を踏めば、誰でもステキな作文を書くことができることを約束します。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 まずは、1年生の書いた作文を読んでください。


   だってだってのおばあさんをよんで

 わたしが、この本でいちばんすきなのは、このせりふです。
「ふん、ふん、ケーキはだいせいこう。これは、大せいこうのにおい。」

 このばめんをよんだとき、わたしは、おばあさんのケーキをわたしもたべてみたいとおもいました。
 このばめんのすごいところは、うちのおばあちゃんはケーキをつくったことすらないのに、このはなしのおばあさんは、つくれるというところです。
 もしわたしがおばあさんだったら、おなじようにはならないとおもいます。
 どうしてかというと、おばあさんみたいにケーキをつくったことがないし、わたしのゆめはケーキやさんになることじゃないからです。
 わたしはこの本をよんで、おばあさんのようにけーきをつくれて、やさしくて、99さいになってもげん気な人になりたいと思いました。



 これは、国語の学習を活用して4時間で書き上げたものです。

 もちろん、「本を読み始めた所」から数えてです。

 これから紹介する作文の書き方は、「読む」と「書く」が同時進行で進むところがいいところです。

 その道筋は…


①本に「付箋を貼り」ながら読み進める。

②本から「付箋をはがし」ながら辞書引きと、好きな場面・セリフの絞り込みをする。

③「あなうめシートに書き込み」をする。

④「原稿用紙に清書」をする。



 この4ステップです。

 本当に4時間で上の作文が仕上がります。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 次回からは、佐野洋子さんの「だってだってのおばあさん」の感想文を書く取り組みを通して、4ステップを詳しく説明していきます。

 お楽しみに…

 お子さんの作文と、あなたの一日がfunタイムになりますように。

     

花まるをもらえる作文を書く方法 ~ミニ日記で育てる作文力 その1~
花まるをもらえる作文を書く方法 ~ミニ日記で育てる作文力 その2~
花まるをもらえる作文を書く方法 ~ミニ日記で育てる作文力 その3~
花まるをもらえる作文を書く方法 ~ミニ日記で育てる作文力 その4~
花まるをもらえる作文を書く方法 ~ミニ日記で育てる作文力 その5~
花まるをもらえる作文を書く方法 ~ミニ日記で育てる作文力 その6~
花まるをもらえる作文を書く方法 ~ミニ日記で育てる作文力 その7~
花まるをもらえる作文を書く方法 ~ミニ日記で育てる作文力 その8~
花まるをもらえる作文を書く方法 ~ミニ日記で育てる作文力 その9~
花まるをもらえる作文を書く方法 ~ミニ日記で育てる作文力 その10~
花まるをもらえる作文を書く方法 ~ミニ日記で育てる作文力 その11~
花まるをもらえる作文を書く方法 ~ミニ日記で育てる作文力 その12~
花まるをもらえる作文を書く方法 ~ミニ日記で育てる作文力 その13~
花まるをもらえる作文を書く方法 ~ミニ日記で育てる作文力 その14~
花まるをもらえる作文を書く方法 ~ミニ日記で育てる作文力 その15~
花まるをもらえる作文を書く方法 ~ミニ日記で育てる作文力 その16~
花まるをもらえる作文を書く方法 ~ミニ日記で育てる作文力 その17~
花まるをもらえる作文を書く方法 ~ミニ日記で育てる作文力 その18~
花まるをもらえる作文を書く方法 ~ミニ日記で育てる作文力 その19~
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山形昇平

Author:山形昇平
北海道教育大学附属札幌小学校にて11年間教員として勤務、その後北海道コンサドーレ札幌への出向を経て、現在は札幌市内教員です。学級便り・学校便りの発信、育児・子育てへの提案、運動・遊びのアイデア発信をしています。お子さんの成長の一助となれば幸いです。

ファンタイムへのアクセス数