FC2ブログ

記事一覧

1年生から辞書引きが大好きになる5つのステップ~第4歩目~

辞書引き1

 深谷圭助氏の提案する、辞書引き学習を現在の1年生のクラスで実践しています。

 取り組むのは、1週間にたったの10分です。

 たったの10分ですが…

 子どもたちは、辞書引きが大好きになりました。

 そして、

 「なぜ?」「どうして?」と問い続け、「アクティブに学ぶ子」が育ちました。

 その5つのステップをお伝えします。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 「辞書引き学習」の入り口は、

 「知っている言葉」から選んでいく

 ということです。
 あくまでも「選ぶ」のです、「知らない言葉を引く」との違いに注意してください。

 これが「コロンブスの卵」なのです。
 辞書といえば「知らない言葉」を引くものというイメージを持っていませんか?
 そうではなく、「知っている言葉」を選ぶ所からスタートするのが大好きになる大きなポイントです。

 辞書を引くものと考えず、読物にしてしまうのです。

 辞書引き学習法は簡単。
 
◆ 机の上にカバーを外した状態で辞書を置いておく。
◆ 常に机の上に辞書を置きっぱなしにする。
◆ 引いた言葉を付箋に書いて、そのページにはる。

 これだけです。
 あとは好きな言葉、気になる言葉を見つけるだけです。
 
◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 では、ここからは1年生の山形学級での辞書引き学習、最初の5週間の実践を紹介していきます。

 今日は、その第四歩目、「お気に入りのページで自分だけの辞書にカスタマイズ」をお伝えします。

 山形学級の第四歩目、それは…


ラベルを付けたこと。



 それだけです。



 辞書には、楽しいページが、思いのほかたくさんあります。

 昆虫のページや、

KIMG0688.jpg

トリのページ。

KIMG0690.jpg

 さながら図鑑のようです。

 ラベルを用意しておいて、子どもたちには、



お気に入りのページを見つけたら、目印をつけましょう。



と言っています。

 これは…

 みなさんがお使いのブラウザには、ブックマークがありますよね。

 また、スマートフォンだったら、よく使うアイコンは特別な位置に置いていますよね。

 辞書に貼るラベルは、そのような意味をもっています。

IMG_1294.jpg


 子どもたちは、また見てみたい楽しいページにラベルをはって、時間がある時に眺めています。

 自分だけのお気に入りページができると、辞書に対して更に愛着が生まれるようです。

辞書_挿絵

 ただし、貼りすぎると、使いづらくなるので注意です!

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 「なぜ?」「どうして?」と問い続け、「アクティブに学ぶ子」を育てる辞書引き学習。

 「やっぱり辞書引きって、遊びじゃない?」と思っている方、

 遊びだからいいんです!

 1年生は、辞書を見事に遊び道具にしてしまいます。

 きっと3年生だとここまで夢中にならないのでしょうね。

 
 次回はファイナルステップです。

 「楽しい辞書引き遊び」をお伝えします。

 お楽しみに。

 あなたの学級に辞書引きの楽しみとFunタイムを!


            
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山形昇平

Author:山形昇平
北海道教育大学附属札幌小学校にて11年間教員として勤務、その後北海道コンサドーレ札幌への出向を経て、現在は札幌市内教員です。学級便り・学校便りの発信、育児・子育てへの提案、運動・遊びのアイデア発信をしています。お子さんの成長の一助となれば幸いです。

ファンタイムへのアクセス数