FC2ブログ

記事一覧

1年生から辞書引きが大好きになる5つのステップ~第5歩目~

辞書引き1

 深谷圭助氏の提案する、辞書引き学習を現在の1年生のクラスで実践しています。

 取り組むのは、1週間にたったの10分です。

 たったの10分ですが…

 子どもたちは、辞書引きが大好きになりました。

 そして、

 「なぜ?」「どうして?」と問い続け、「アクティブに学ぶ子」が育ちました。

 その5つのステップをお伝えします。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 「辞書引き学習」の入り口は、

 「知っている言葉」から選んでいく

 ということです。
 あくまでも「選ぶ」のです、「知らない言葉を引く」との違いに注意してください。

 これが「コロンブスの卵」なのです。
 辞書といえば「知らない言葉」を引くものというイメージを持っていませんか?
 そうではなく、「知っている言葉」を選ぶ所からスタートするのが大好きになる大きなポイントです。

 辞書を引くものと考えず、読物にしてしまうのです。

 辞書引き学習法は簡単。
 
◆ 机の上にカバーを外した状態で辞書を置いておく。
◆ 常に机の上に辞書を置きっぱなしにする。
◆ 引いた言葉を付箋に書いて、そのページにはる。

 これだけです。
 あとは好きな言葉、気になる言葉を見つけるだけです。
 
◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 では、ここからは1年生の山形学級での辞書引き学習、最初の5週間の実践を紹介していきます。

 今日は、その第五歩目、「辞書を使ってもっと遊んじゃおう」をお伝えします。

 山形学級の第五歩目、それは…


辞書をつかってゲームをしたこと。



 それだけです。



 辞書があれば、楽しいゲームをすることができます。

 子どもたちが、大いに盛り上がったゲームを紹介します。



【 どっちが勝ちかな? 】

 国語辞典は、一定の規則に従って言葉が並べられています。

 それを活用した遊びです。

 1年生でも、5週目くらいになると、ほとんどの子が「言葉の最初の文字」に注目して辞書引きをすることができるようになっているはずです。

 また、その言葉は、「あいうえお順」であることに気づいていることでしょう。

 そこで、こんな問題を出します。

「ペンチとベンチでは、どっちが先に出てくるかな。早く出てきた方が勝ちです。」

 言った瞬間から、引き始めます。間違いありません。

 他にも、「コート と こと」「かす と ガス と かず」「こと と コード とコート」などいろいろ考えられます。

 おもしろいです。



IMG_1325.jpg



【 人間ワープロ 】

 国語辞典を机の上に置いておくと、子どもは知らない漢字が出てくると、自分で辞書を引くようになります。

 でも…

 きっかけが必要です。それが、人間ワープロと言う遊びです。

 やり方は
①先生が言った文章を、ノートにひらがなで写す。

②辞書を引き、漢字で直せる言葉を漢字に代え、ノートに文章を書く。

 ワープロが行っている作業を辞書が代わりに行うのです。

 1年生は、難しい漢字を書くことに飢えています。

 知らない字を書いてみたくて仕方がないのです。辞書があればそれが可能です。

 でも、あまり難しい漢字だと、辞書から写し取るのが難しいので、注意してください。

 
 しかも、この活動をしていると、「人の話を聞いて、メモを取る力」が付きます。

 おススメです。



 これらの活動は、「はじめての辞書引きワーク」を参考にして行いました。

 はじめての辞書引きワーク

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 「なぜ?」「どうして?」と問い続け、「アクティブに学ぶ子」を育てる辞書引き学習。

 「やっぱり辞書引きって、遊びじゃない?」と思っている方、

 そうです!遊びなんです。

 でも、遊びとは思えないくらい、子どもが変わりますよ。

 1年生の最初の5週間の実践を紹介してきた「1年生から辞書引きが大好きになる5つのステップ」

 いかがでしたか?

 是非試してみて下さい。

 あなたの学級に辞書引きの楽しみとFunタイムを!


            
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山形昇平

Author:山形昇平
北海道教育大学附属札幌小学校にて11年間教員として勤務、その後北海道コンサドーレ札幌への出向を経て、現在は札幌市内教員です。学級便り・学校便りの発信、育児・子育てへの提案、運動・遊びのアイデア発信をしています。お子さんの成長の一助となれば幸いです。

ファンタイムへのアクセス数