FC2ブログ

記事一覧

運動器検診問診票とは?~運動器検診について まとめ2【運動器検診問診票の情報を生かしましょう】~

 各学校で「運動器検診問診票」が配付されたと思います。

Scan_Pic0021.jpg

 教育関係者の方は、もちろん内容を知っていますよね。

 一方で、「何これ?」と思った保護者の方がいたことでしょう。

 そういう方のために、運動器検診についてまとめてみました。

 今回は、その2です。更に掘り下げてみます。



運動器検診問診票とは?~運動器検診について まとめ1~

◆ どうしてこのような検診が行われるようになったか

◆ それぞれの項目の説明




運動器検診問診票とは?~運動器検診について まとめ2~

 ◆ 子どもたちの中には、ロコモシンドローム予備軍がいる

 ◆ 運動器の機能不全が進むとこんなことが起きる

 ◆ 運動器検診問診票の情報を生かしましょう




【 運動器検診問診票の情報を生かしましょう 】

 一体なぜ子どもたちの間に、運動器の機能不全が広がっているのか。

 それは、日常生活の中で子どもたちの動きのバリエーション、多様性が減っているからです。

 そしてその原因が…「運動不足」。そして意外なことに…

 「運動し過ぎ」なんです。

 意外なことに、運動しすぎると、運動器の機能不全が起きるそうです。



 平成27年度の全国体力運動能力運動習慣等調査によりますと、体育学習以外の運動時間が…



中学2年生女子の14パーセントが1週間に1秒も運動をしない


 
 14パーセントですから、7人に1人位ですね。その子が0秒です。

 一方、運動時間数を棒グラフで表すと、何分くらいが頂点を示していたと思いますか?



1000分前後に頂点が見られる
運動器検診



 ということです。

 運動時間が極端に少ないこと、極端に多い子で2極化しているのです。

 少ない子は、運動器の機能が十分に育まれないおそれがあります。

 反対に多すぎる子は、運動器の機能不全や障害が起きてしまっているのです。

 たとえ、筋力や持久力が鍛えられていても、それが過度になると、柔軟性や運動機能のバランスが損なわれてしまうのです。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆
 
 さて、各学校で「運動器機能不全」の情報が見えてきたら、それを生かしていきましょう。

 整形外科医であり、全国ストップ・ザ・ロコモ協議会委員長の林承弘医師は、こう言います。



「気になる結果が出た子は、整形外科へ」



 「これによって、保護者の方々に子ども見守る親としての自覚を喚起し、責任の一端を感じてもらうことができる。つまり、現状を変えていくための活動に巻き込むことができるんです。親も子どもも学校も、一体となって子どもの体をチェックしていこうということですね」



 さらに林医師は、対応策として、5分でできる『こどもロコモ体操』を考案し、DVDにまとめました。現在、この体操を体育の時間の前に取り入れている学校もあるそうです。

特別な体操じゃなくてもいいそうですよ。ラジオ体操でもいいそうです。



 「ただ、一番大切なのは正確にやることなんです。適当にやっていては効果がない。でも今は、基本的な姿勢と動作を知らない子どもたちが多いので、まずはそれを伝えなければならないんです」



 また、


◆ 姿勢がいいこと
◆ 肩関節と股関節が柔らかいこと
◆ 手足と指の関節がや柔らかいこと



 この3点が重要だそうです。

 授業中の子どもたちに声をかけていったり、保護者のみなさんに伝えていったりするとよいと思います。

 また、体育の学習にストレッチを多く取り入れていくのもよいでしょう。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆


 さらに、子どもたちの生活にも、ヒントは隠されているようです。

 みなさんの身の回りにはどちらが多いですか?



ドアの取っ手は? ドアノブorレバーハンドル
ドアノブ

トイレは? 和式or洋式

掃除道具は? 雑巾orモップ




 小さな日常動作でも、何年も繰り返すことで、知らないうちに筋肉や柔軟性が養われるそうです。

 もう一度、子どもたちの日常生活を見直してみることも大切かもしれませんね。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 運動器検診問診票から見えてきた情報をもとに、子どもたちの機能が改善されると、

 健康で怪我な少ない学校生活を送ることができるようになります。

 それだけではありません!

 「健康な運動器」という一生の財産を得ることにもつながります。

 学校運動器検診の目標はここにあります。

 そのために家庭および校医、養護教諭、体育教諭、栄養士さらにはお医者さんが相互に連携をとり、

 『よい姿勢で、よく食べ、よく運動しよう!』」という環境作りをしっかり行っていきましょう。

 子どもの運動・遊び・スポーツライフにFunタイムを!

クローズアップ現代 No.3489 2014年4月23日(水) 子どもの体に異変あり ~広がる“ロコモティブシンドローム”予備軍~
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3489/index.html

スポーツテンカ!「子どものロコモ予防についてのお話」〜未来のためにもっと遊びを!〜
http://sportstenka.com/aboutrocomo/


ロコモチャレンジ!
https://locomo-joa.jp/

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山形昇平

Author:山形昇平
北海道教育大学附属札幌小学校にて11年間教員として勤務、その後北海道コンサドーレ札幌への出向を経て、現在は札幌市内教員です。学級便り・学校便りの発信、育児・子育てへの提案、運動・遊びのアイデア発信をしています。お子さんの成長の一助となれば幸いです。

ファンタイムへのアクセス数