FC2ブログ

記事一覧

組体操は変われるのかⅡ イラストでみる 組体操・組立体操から

組体操3

 道外はまだ先の話でしょうが、北海道は春に運動会が行われる場合が多いと思います。

 運動会に「組体操」を行う予定の学校のみなさんは、既に練習が始まっていることと思います。

 前回は、大修館書店の「体育科教育」平成28年5月号の中から、気になるコメントを抜粋することで、組体操の「課題」をひも解いていきました。

イラストで見る組体操組立体操

 今回は、日本大学名誉教授の濱田靖一教授の「イラストでみる 組体操・組立体操」の中から、いくつかの文章を抜粋し、紹介していきます。

 また、いくつかの技も紹介していきます。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 まずは、のっけからこの文章ですが、何人の先生方が「組体操」と「組立体操」の違いを知っているでしょうか?

 「イラストでみる 組体操・組立体操」のはじめは、次のように書かれています。



【 はじめにから 】

 日本では組体操も組立体操も、まったく同じものとして考えたり、行ったりしている人もいるようです。しかし、もともとこの二つの運動は、性格もねらいも異なるジャンルの運動です。




組体操6

 ちなみに、上の技は「足持ち前転」という技です。ドリフターズの8時だよ全員集合「体操コント」の中でよく出てきていましたね。

 これは、「組体操」の技です。



【 組体操とは―体と動きによる会話―から 】

 組体操は2人またはそれ以上の人たちが組んで行う体操でパートナーエクササイズとかペアジムスティックとか呼ばれている。
 お互いに力を貸したり、借りたり体重を利用し合ったりして、一人では行えない運動によって、よりよい効果をねらった体操である。




 すなわち組体操は、仲間との助け合いと触れ合いによる体操なのです。

 そして、ピラミッドに代表される「組立体操は筋力」を要求されるのに対して、

組体操は、筋力だけにとどまらず、瞬発力、体の巧みさ、リズム、タイミング等、総合的な力を要求されるのです。

組体操1

組体操5




【 実施上の心構えから 】

  組体操は、2人以上の人たちが一つの運動を組んで行うだけでなく、組むという方法によって動きを共有したり、融通し合ったり、よりよい雰囲気の交流の場をつくる運動なので、運動実施の過程でこの対人関係を大切にしなければならない。



 上の図は、「向き合い前倒肩組み」「背中合わせ前後曲げ」という組体操の技です。

 準備体操等で見慣れた技です。これも組体操の技の1つなんですよ。

 運動会で突然、演技に取り組むより、普段の体育の時間の準備活動を通じて、こうした簡単な組立体操の技に継続的に取り組んでおきたいものです。そうすることで、技や動きに慣れ親しみ、仲間同士の雰囲気作りを積み重なっていくはずです。

 継続の成果を発揮するのが運動会でありたいものです。



【 またの名は触れ合い体操から 】

  人は一人だけで生きていける訳でもなく、多くの人とたちに支えられて生きている。まして体操を行う時にお互いが力を貸したり、借りたりして行うことはごく自然なことである。



 「イラストで見る 組体操・組立体操」では、多くの仲間が触れ合いながら、力を貸したり、借りたりしながら楽しめる運動をたくさん紹介しています。

 その中のいくつかを紹介します。

組体操7

「歩く椅子」という技です。学級全体でできたら爽快でしょうね。

組体操8
組体操9

 「花まわし」「風車」という技です。

 グラウンド全体で、くるくるとたくさんの花が咲いたり風車が回ったらダイナミックです。

 ピラミッド、タワーではなく、別の方向からの華やかさを演出することが「組体操」の技を学ぶことで実現できそうです。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 今回は、日本大学名誉教授の濱田靖一教授の「イラストでみる 組体操・組立体操」の中から、いくつかの文章を抜粋し、紹介しました。

 この本には、「組体操」「組立体操」共に、たくさんの技が載っています。また、指導の方法等詳しく説明されています。

運動会まであと1か月を切っている学校もあることでしょう。ご苦労様です。
 
 安全なのはもちろんのこと、子どもたちが「またやりたい!」と思う「組体操・組立体操」の演技の計画と実施をお願いします。

 あなたの学校と子どもたちの運動会にfunタイムを!

  

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山形昇平

Author:山形昇平
北海道教育大学附属札幌小学校にて11年間教員として勤務、その後北海道コンサドーレ札幌への出向を経て、現在は札幌市内教員です。学級便り・学校便りの発信、育児・子育てへの提案、運動・遊びのアイデア発信をしています。お子さんの成長の一助となれば幸いです。

ファンタイムへのアクセス数