FC2ブログ

記事一覧

お話の薬屋~本日は「毎日とても忙しい方」に処方します~

お話の薬屋1

 こんばんは、お話の薬屋です。
 あなたの心に効くお話を処方します。

 たいていの人はふとした時に、自分の人生の意味を考えてしまうものです。
 そして思いを巡らし、時には戸惑い、悩んでしまいます。

 一方…
 あなたの人生に力を与えてくれるメッセージは、お話となり世界中に存在しています。

 でも、それらのお話は、「真の力」を言葉という箱に閉じこめ、隠しています。

 もし、あなたが心の底から、お話を聞きたいという気持ちを抱き、自分の人生の意味を知りたいという気持ちが重なった時、箱の扉が開きます。

 そして、あなたは大いなる力をお話から受け取るでしょう。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 さて、お客さんがやってきましたよ。

 今日のお客さんは、ずいぶんと慌てていますね。

 しかもイラついているようですね。

 どうしたのでしょう?



とにかく毎日忙しい。やるべきことか山積みだ。
さっさと、とっておきの話を聞かせてくれ。




 わかりました。
 あなたには、このお話を処方しましょう。

【 漁師の夢 】

漁師

 ある時、漁師があたたかい陽の光を浴びて、日なたぼっこをしていました。

 いかりを下ろして、波間に揺れている船や、岸部に砕け散る波を眺めていると、

 自分はなんて幸せな男だろうと思いました。

◆ ◇ ◆

 けれども、そこを通りかかった恰幅のいい男がいきなり漁師に聞いたのです。

「昼間から、おまえは何だってそんなにのらりくらり過ごしているんだね?なぜ、漁に出ない?」

 ちょっとびっくりしながらも、漁師は答えました。

「今日の漁をちゃんとすませて、魚を市場にもって行きましたのでね」

「それで、日なたぼっこをして、のんびりしていたんですよ」

 それに対して、恰幅のいい男また聞きます、

「もういっぺん漁に出たらいいだろうに。魚がもっと捕れるぞ」

 漁師は「なんでそんなことを」と答えました。すると、男は、

「そうすりゃ、今の2倍儲かるぞ」

と言いました。

それに対して、漁師は「なんで2倍儲けなきゃならないんですか?」と聞きました。

 すると、男は、

「そうすりゃ、もっと大きな、性能のいい船が買えるだろう」

「そうすれば、魚がもっともっと獲れるだろうし、他の人間を雇うことだってできる」

漁師2

「おまえは、チャンスをふいにしているんだよ」

 漁師は、再び聞きます。

「どうして俺がそんな気を起こさなきゃならないんですか?」

男はすかさず言います。

「どうしてって?大きな船に乗って、人を雇って、たくさんの魚を捕ったら、夢にも見たことがないくらいの金を手に入れるからだろう」

それに対して、漁師は「そんなにたくさんの金が、なぜいるんですか?」と問いかけました。

男は、答えました。

「なぜって、金があったら、好きなように暮らせるだろう。日なたぼっこしながら、のんびりとさ」

(出典不詳の話)





 ゴールデンウィークですね。

 のんびり過ごしていますか?

 忙しい人は、その忙しさは、何のためにあるのかを考えてみるといいと思います。

 「漁師の夢」のお話からはそんなメッセージが伝わりませんか?

 このお話の薬が、あなたの心に効くことを願っています。お大事に…

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 今日のお話が、あなたの旅路を慰め、力づけてくれますように。

 あなたの人生にFanタイムを!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山形昇平

Author:山形昇平
北海道教育大学附属札幌小学校にて11年間教員として勤務、その後北海道コンサドーレ札幌への出向を経て、現在は札幌市内教員です。学級便り・学校便りの発信、育児・子育てへの提案、運動・遊びのアイデア発信をしています。お子さんの成長の一助となれば幸いです。

ファンタイムへのアクセス数