FC2ブログ

記事一覧

組体操はかわれるのかⅥ 作文的に作品を作るというアイデア③

組体操

 道外はまだ先の話でしょうが、北海道は春に運動会が行われる場合が多いと思います。

 運動会に「組体操」を行う予定の学校のみなさんは、既に練習が始まっていることと思います。

 そこで…

 日本大学名誉教授の濱田靖一教授の「イラストでみる 組体操・組立体操」の中から、組体操のいくつかの文章や技を抜粋し、紹介しています。

イラストで見る組体操組立体操

 今回も、「組立体操の作品作りのアイデア」に焦点を当てて紹介したいと思います。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 「イラストでみる 組体操・組立体操」には次のような一文があります。



【 組立体操構想の手がかり 】

 実施者の体力や技術を十分考慮しなければならないが、ひとまずははじめてから検討して交換補充、補助の仕方などを考え修正していくのがよい。



組体操11

 教師が全てを構想し、しっかりと指導された隙のない作品は、人を圧倒させ、感動させる力を持つものです。しかし…

 暫定的な作品を子どもたちに提示し、仲間どうして「こうしたほうがよい」「こっちのほうがいいのではないか」と相談しながら作品を育て上げていくという方法もあると言っているのです。

 そんな、練習と相談と共に作品が高まっていく手法として、濱田靖一教授が紹介しているのが、



 作文的な方法である。
すなわち、自分の知っている単語や語句を使って意図する文を作成するような方法である。
 この場合、さしずめ単語は組立に必要な身体のポーズで、

組体操_ポーズ (9)

 語句は2人か3人の単位の組立に相当し、

組体操_語句1

 できあがった文は組立体操に相当するわけである。

組体操_文章2





 そして、今回紹介したいのが「セット法」です。

 セットをつくるのに若干時間がかかりますが、セットができてしまうと安易で便利です。

 さて、セットのつくり方も人によって好みがあると思いますが、ここでは「中央セット」「中間セット」「サイドセット」の三つで演技を作っていく方法を紹介します。



中央にもってきたい目立つ組立が「中央セット」です。

組体操_中央セット (2)組体操_中央セット (1)

組体操_中央セット (4)組体操_中央セット (3)









どこに置いても格好がつくものが「中間セット」です。


組体操の中間セット (1)組体操の中間セット (2)

組体操の中間セット (3)組体操の中間セット (4)

組体操の中間セット (5)










「サイドセット」は、組立の左右に置き、しめくくりの役目を果たします。


組体操のサイドセット (6)組体操のサイドセット (3)組体操のサイドセット (2)

組体操のサイドセット (1)組体操のサイドセット (5)組体操のサイドセット (4)






 この三つのセットを子どもたちができるようになれば、あとはセットの組み合わせによってたくさん異なった組立が誕生するというわけです。

 もちろん、セットは、難易度が高く、高さがある方が見栄えはよくなります。しかしここで無理をする必要はありません。自信のあるものを選ばせてください。

◆ ◇ ◆

 仮に、30名程度のクラスで組立を創り上げるとします。

 まず中央セットを選びます。

 これが子どもたちにでき、選ばれたとします。

組体操_中央セット (3)

 次は中間セットです。

 中間セットは、これになりました。

組体操の中間セット (5)

 あとは、これを上手にレイアウトします。

 サイドセットをうまく活用するのがコツです。

 こんなのはいかがでしょう。

組立例a

◆ ◇ ◆

 セット内の組立の数は多いほど変化に富んだ作品になるのはもちろんです。

 でも、種類が多くなるとものにするのが大変ですよね。

 ですから、多くは必要ありません。むしろ正確にできることが大事です。

 並べ方を工夫したり、サイドセットのバリエーションを増やしたりすれば、全く違う組立に見えます。

 これこそ教師の腕の見せ所です。

 例えば、この中央セットと、

組体操_中央セット (1)

 中間セットで組立を作ってみましょう。

組体操の中間セット (1)

 こんな組立や、

組立例3

 こんな組立もできます。

組立例2

 高さを求めなくても、

 難易度を求めなくても、

 壮大な作品は、アイデア次第で実現できるものです。

組立例3

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 日本大学名誉教授の濱田靖一教授の「イラストでみる 組体操・組立体操」の中から、いくつかの文章を抜粋し、紹介しました。また、「セット法」というアイデアも紹介しました。

 この本には、「組体操」「組立体操」共に、たくさんの技が載っています。また、指導の方法等詳しく説明されています。

運動会までの御準備。ご苦労様です。
 
 安全に十分留意して、子どもたちが「やり遂げた!」と思う「組体操・組立体操」の演技の計画と実施をお願いします。

 あなたの学校と子どもたちの運動会にfunタイムを!




  

  

  


  


  

  
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山形昇平

Author:山形昇平
北海道教育大学附属札幌小学校にて11年間教員として勤務、その後北海道コンサドーレ札幌への出向を経て、現在は札幌市内教員です。学級便り・学校便りの発信、育児・子育てへの提案、運動・遊びのアイデア発信をしています。お子さんの成長の一助となれば幸いです。

ファンタイムへのアクセス数