FC2ブログ

記事一覧

オノでまっぷたつ!

オノでまっぷたつ!


何度も迎える季節の変わり目だけど、春は「新」が似合う季節。

「新しい」制服に袖を通す。
「新しい」教室に入る。
「新しい」友達に話しかける。

ところでこの「新」という字、「立」と「木」と「斤(オノ)」という漢字でできています。辞書を引いてみると原義は、「オノで木を切り取る」という意。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

そういえば春には、目の前にある壁をオノで割るがごとく、前に進む子どもたちの姿がいっぱいあります。

お子さんが新しいブラウスに袖を通す時、
新入生が新しい教室に入る時、


ようく耳を澄ませてみてください。甘え心をまっぷたつに割る音が聞こえてくるはずです。

教室では、新しい仲間に挨拶をする時、
「ねえ仲間に入れて!」と知らない子に声をかける時、


担任の先生には、まっぷたつになりそうな心臓の、ドキドキする音が聞こえてきますか。

だから、春は「新」という字が似合うのでしょう。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 新学期が始まり、1か月が経ち五月。そろそろ心まっぷたつの「新」とはお別れしたいものです。
 「新」が「辛」に変わってしまう前に。

 そのためにも、楽しみな時間、安心できる空間、笑顔あふれる仲間が待っている学校を目指したいものです。

(附属札幌小学校 平成26年度学校便り 1号から再発信)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山形昇平

Author:山形昇平
北海道教育大学附属札幌小学校にて11年間教員として勤務、その後北海道コンサドーレ札幌への出向を経て、現在は札幌市内教員です。学級便り・学校便りの発信、育児・子育てへの提案、運動・遊びのアイデア発信をしています。お子さんの成長の一助となれば幸いです。

ファンタイムへのアクセス数