FC2ブログ

記事一覧

学校便り・学級便り「三日坊主克服マニュアル」




 やるぞ!って決めたことを、

 あっという間に止めてしまうことを「三日坊主」といいます。

 学級には三日坊主や、三日御嬢さんがいっぱいいますよね。ていうか、世の中三日おじさん、おばさん…だらけです。

 でも、継続するってことはとても大事な訳で、見過ごすわけにはいきません。

 というわけで、三日坊主をよく考えてみました。


 では、本文をどうぞ。








学級通信 未来号
三日坊主克服マニュアル






みなさんは、一度やろうと決めたこと全てを続けられていますか?

誰もが一度は継続できずにやめてしまった経験があるんじゃないでしょうか。

これを「三日坊主」と言いますね。



三日坊主

【読み】 みっかぼうず

【意味】 非常にあきっぽく、長続きしないことのたとえ。また、そのような人のこと。

【用例】 「日記をつけても三日坊主、ジョギングを始めても三日坊主。あんたは何をやってもダメね」など




そういう先生も、元旦には毎年「〇〇をするぞ」と目標を立てるのですが、長続きしないことがあります。


◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆


ゴリ君は、オリンピックを見てやる気がむくむくとわいてきました。

ジョギングをして体を鍛えようと思いました。

三日坊主解消法 (9)  

でも、4日目起きられませんでした。

三日坊主解消法 (1) 

朝起きて、ジャージに着替えるのがめんどくさかったのです。

三日坊主解消法 (3) 
その姿をゴリ君のお母さんが見ていました。


◆ ◇ ◆

ウサ君は、逆上がりができません。

一念発起!練習をすることにしました。

三日坊主解消法 (7) 

とはいえ、急にできるようになるわけもなく、

三日坊主解消法 (5) 

しばらくすると練習を辞めてしまいました。

三日坊主解消法 (2) 

その姿を、ウサ君のお母さんが見ていました。

◆ ◇ ◆


トリ君は、料理を作る仕事に就きたいと思っています。

三日坊主解消法 (8) 

だから、朝ごはんの味噌汁を毎日作ることに決めました。

三日坊主解消法 (4) 
その姿を見て、トリ君のお母さんは、いつも味見してくれます。

三日坊主解消法 (6) 

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆



三日坊主がいると、周りはたいてい、「あきっぽい子だ」とか「根性がない」という風に、その子の性格とか気質を原因にしてしまうものです。

ゴリ君のお母さんのように「ダメな子」なんて思ってしまう場合も…

しかし…

3日坊主=根気がない、ダメな子 と断じてしまうにはちょっともったいなかったりします。

性格や気質ではなく、「やり方」や「環境」の場合もあるからなのです。

例えばゴリ君の場合…

ジョギングの前にすることがはっきりしていないことが原因ですよね。

前の日にトレーニングウェアを用意したり、準備の順番をはっきりさせるたりするだけで長続きする場合があります。

しかも、こういう子は、問題が続けている「そのもの(ランニング)以外のこと」なので、問題が取り除かれれば、すんなりと続けられるというわけです。


例えばウサ君の場合…

逆上がりのような0か100かという課題の場合、こうなりがちです。

漢字テストの点数とかは、1点2点と伸びていくから、励みになるのですが。

だから、こういう場合、

本人に見えない行動を、数字に替えてあげるのがおススメです。

例えば逆上がりの場合でしたら「昨日より、足が30センチも上がるようになったね」みたいに。


また、取り組んでいる課題と違うところに「数字」を持ち込む手もよいでしょう。

例えば、「3日も続けているのね。すごいわ」とか褒めということです。



では、トリ君はなぜ3日坊主を克服できたかというと…

「はっきりとした目的地」があるからです。

そうすると、やる気というエネルギーが子どもの内側から沸き立ってきます。

さらに、お母さんの「おいしい」というご褒美が、幸福感というエネルギーを満たしてくれます。


◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

こうしてよく考えてみると、

子どもの三日坊主は、周りの手伝いで結構何とかなるということが分かります。

反対に、

三日坊主越えは、周りの支援がないと、よっぽどのことがない限りうまくいかないということです。


「ダメね」の前にぜひ試してみてください。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山形昇平

Author:山形昇平
北海道教育大学附属札幌小学校にて11年間教員として勤務、その後北海道コンサドーレ札幌への出向を経て、現在は札幌市内教員です。学級便り・学校便りの発信、育児・子育てへの提案、運動・遊びのアイデア発信をしています。お子さんの成長の一助となれば幸いです。

ファンタイムへのアクセス数