FC2ブログ

記事一覧

学校便り・学級便り「失敗するのって意外と難しい」



 発行する当てのない学級通信です。

 テーマは「失敗」です。

 大人になってみると、失敗から学ぶことが多いことが分かります。

 いうなれば…

 失敗は、課題を明確にし、次の目標を定めてくれる、人生の道しるべです。


 一方、子どもにとっては、失敗はいやなもので…

 失敗は「恥」でもあります。


「失敗してはいけません」

「また、失敗したの?だめね」

 大人が言い過ぎたせいかもしれませんね。


 では、本文をどうぞ。







学級通信 未来号
失敗するのって意外と難しい




失敗は成功の母っていうけれど…

失敗は成功の母っていうけれど、失敗するのってのは意外に難しかったりします。

まず、何か「課題に挑戦」するから失敗があるわけで、

挑戦がなければ失敗はやってきません。

そして、失敗した後も、「僕は失敗した」って自分で自分の失敗を認めなければ失敗は成立しません。

本人が「失敗ではない」と思い込んでいる限り、失敗は訪れません。


そういう意味で、この学級の子どもたちは実に「失敗上手」です。

「先生、すいません。宿題やるのをすっかり忘れていました」

という小さいのから、

「ごめん、俺が言い過ぎた」

大喧嘩の後の仲直りという大きなものまで、失敗がこのクラスにはよく見られます。

「失敗してはいけません」って大人はよく言うけど、

失敗することっていうのは、実はすごいことだったり、成功の素だったりするわけで…

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆



ウサ君は、人前だと上手く話せない。

失敗は意外と難しい2

低学年の頃から、ずっとそうだ。


「慣れだよ、慣れ、失敗したっていいじゃん」ってゴリ君は軽く言うけど、

失敗は意外と難しい3

ちょっとしたことですら、みんなの前で話すのは躊躇してしまう。

何事も、失敗しながらできるようになっていくことをウサ君は十分理解している。

でも、ウサ君にとっては、その失敗すら遠い存在だ。

失敗は、成功の母っていうけど、

じゃあ、失敗の母は何なんだろう?

失敗は意外と難しい5


◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

ゴリ君は、バスケの試合で負けた。

ゴリ君が最後のシュートチャンスを逃したからだ。

失敗は意外と難しい4

それは分かっている。

でも、どうしてもそれ以外の敗因を探ってしまう。

「その前の、あいつのミスだって…」

「そういえば、今日は寝不足だったしな…」

そんなことを考えていると、なんだか気が楽だ。

今日は、家に帰ってマンガでも読んで、寝てしまおう。

そうすれば、きっと忘れられるさ。

失敗は意外と難しい1

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

先生は、失敗するのって実はけっこう難しいって知っています。

まず「挑戦」しないといけない。それには、相当の勇気がいりますよね。

そして失敗したら、失敗したで、自分で「失敗だった」って認めないといけません。

「コレは失敗だ」って認めるのは結構怖い。

言い訳と、後悔だけがどんどんと心に重くのしかかってくる。

失敗は、認めなければ「無駄」、認めれば「経験」という財産になる。

だから、先生は、これからもキミたちの失敗を大いに認めていきたいと思っています。

失敗は成功の母となるクラス。続けていきたいね。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山形昇平

Author:山形昇平
北海道教育大学附属札幌小学校にて11年間教員として勤務、その後北海道コンサドーレ札幌への出向を経て、現在は札幌市内教員です。学級便り・学校便りの発信、育児・子育てへの提案、運動・遊びのアイデア発信をしています。お子さんの成長の一助となれば幸いです。

ファンタイムへのアクセス数