FC2ブログ

記事一覧

学校便り・学級便り「そうかもな でも そうじゃないかもなってことなんだ」



 発行する当てのない学級通信をまた書いています。


 テーマは「共生」です。このテーマはよく書きます。だって、共生って学校のメインテーマだとおもうからです。


 学校の良さであり、最大にウィークポイントである「共生」は、子どもに、そして保護者のみなさんにずっと訴えていきたいテーマです。


 外国の方がたくさん日本にやってくるこの時代。人工知能が深く生活に入り込んでくるこの時代。自分の価値観だけでは、きっと辛くなってくると思うのです。


 では、本文をどうぞ。




学級通信 未来号 「そうかもな でも そうじゃないかもな」ってことなんだ


 学校は、いろいろな仲間がいる場所です。


 男の子、女の子。小さなこと大きな子、それから中ぐらいの子。


 走るのが速い子、走るのが遅い子。おしゃべりが好きな子、一人でいるのが好きな子。


 子どもの数だけいろいろがあります。だからこそのいい所がたくさんあるのです。しかし、そのおかげで嫌なこともいっぱい起きる訳です。


◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

そうかもな でも  そうじゃないかもな0

今朝、すごい雷が落ちた。


◆ ◇ ◆ ◇ ◆


雷が落ちた時、ウサ君の家は揺れた。

そうかもなでもそうじゃないかもな2

ウサ君の弟が泣いた。

そうかもなでもそうじゃないかもな1

家のすぐそばに落ちたに違いない。


でも、それを聞いたゴリ君は、「うち方が、すっげー音がしたぜ。だから、うちの近くに落ちたんだよ」と言っていた。


「そんなわけないよ」とウサ君は思った。だって家が揺れるくらいだから…

そうかもなでもそうじゃないかもな3

「絶対うちのほうが、近くに落ちたに決まってるさ」


ウサ君はそう思った。


◆ ◇ ◆ ◇ ◆


雷が落ちた時、ゴリ君の家は一瞬、昼間のように明るくなった。その後すぐに轟音。

そうかもなでもそうじゃないかもな2

母さんは、「こんなすごい雷、生まれて初めてだわ」って言ってたっけ。


なのにウサ君は、「絶対うちのほうが、近くに落ちたに決まってる」って言ってた。

そうかもなでもそうじゃないかもな4

「そんなわけないだろ」ってゴリ君は思った。


◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆


 しなやかな心をもちたいものです。


 相手の思いや考えを「そうかもな」って受けとめる優しさと「でも やっぱ自分の考えが好き」って跳ね返す強さをもつということです。


 自分の考えを「きっとそう」って信じる頑固さと「でも そうじゃないかもな」って思ってみる柔らかさをもつということでもあります。


 成長と共に身長が伸び、体重が増えるように、心も伸びゆくもの。


 だから、いつもつぶやく合言葉、


「そうかもな でも そうじゃないかもな」ってことなんだ


 そうすれば、心は強さと柔らかさのどちらも手に入れることができる。


 しかし、心の強さが高まれば高まるほど、「でも そうじゃないかもな」が難しくなる。辛い時、悲しい時ほど「そうかもな」って信じるのが難しくなる。


 でも、いつも胸に魔法の呪文を!


「そうかもな でも そうじゃないかもな」ってことなんだ


 一生練習、心の鍛錬。「心のしなやかさ」これも学校で学ぶ大切なことの1つだと考えています。




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山形昇平

Author:山形昇平
北海道教育大学附属札幌小学校にて11年間教員として勤務、その後北海道コンサドーレ札幌への出向を経て、現在は札幌市内教員です。学級便り・学校便りの発信、育児・子育てへの提案、運動・遊びのアイデア発信をしています。お子さんの成長の一助となれば幸いです。

ファンタイムへのアクセス数