FC2ブログ

記事一覧

運動神経がよくなる10の方法「ボールを使った遊び⑨」ボールが着球する場所を予測する リングテニス

ボールを使ってパスする子どもたち


 お子さんが豊かなスポーツライフを営んでいくために「かしこい体」を手に入れる方法をお伝えしています「運動神経がよくなる10の方法」です。



 小学生のお子さんをお持ちの保護者の皆さんは、運動・スポーツに関して、お子さんにどんな風になってほしいと願っているのでしょう?



 リレーの選手になれるような足の速い子がいいですか。それとも、マラソンをしたら、1位になるような子がいいですか。相撲をしたら、敵なしの力強い子なんてもの捨てがたいですよね。



 では、このようなお子さんはどうでしょう。



 「見た動きをパパッとできちゃう子」です。


 このような子は、どんな風に動いているかを「知る力」と、その動きをそっくり真似するための「動きの蓄積」がいっぱいある子です。


 また、このような子は、「すごい!と思った動きをどんどん真似し、それを吸収していくので、みるみるうちに技能が向上していきます。


 だから、運動するのが楽しくてしょうがなくなります。楽しくてしょうがないから、さらに運動に取り組みます。


 そんな日々を過ごしていくと、知らないうちに「足の速さを実現する瞬発力」「長く走り続ける持久力」そして、「力強い筋肉の力」を身に着けていくのです。しかも、楽しみながら、本人の知らないうちに…


 「見た動きをパパッとできちゃう子」をボール遊びで目指しませんか?


 運動神経がよくなる10の方法「ボールを使った遊び編」では、見た動きをパパッとできちゃうかしこい体を手に入れるための、様々な遊びをお伝えしています。


 今回紹介するボールを使った遊びはモジュールスキルの1つである「ボールに最短でたどり着く動き」を身に付けることができます。


 ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ 


 今日紹介する遊びは「ボールと輪を使って遊ぶ遊び」です。


リングテニス


 2人で行います。ボールの大きさは問いませんが、最初のうちは、知覚しやすい大きなボールがよいと思います。また、よーく弾むものを使ってください。


リングテニス1

 まず、一方の子が、ボールを壁に向かって投げます。


 それを見た輪を持った子は、ボールの方に動きます。そして、床に弾んだ後のボールをくぐらせます。ちょうどテニスのストロークのようです。


リングテニス2

 輪をくぐったボールは、投げた子がキャッチします。そして、再び壁に投げるわけです。


 上手になってくると、連続してできるようになってきます。まるで、テニスのラリーのように長く続けられると、ますます楽しくなってきます。


 
◆ ◇ ◆



 さてこの、リングテニスですが、どんな力を育てようとしているかというと「ボールが着球する場所を予測する」ための力です。着球とは、ボールが床や人など何かにぶつかることです。その場所を予測するのです。


 
 これは、ランニングしながらパスをもらったり、パスに対応してシュートしたりするときに必要な技能です。テニス等のラケットスポーツではなくてなならない力ですね。これは、ボール運動におけるモジュールスキルの一つです。


 ボール運動を行っているときに、何気なく行っているパスやシュートは、この「着球する場所の予測」が瞬時に行われながら成り立っています。ですから、この技能が身に付いていない子は、パスを受け取ろうとしたり、シュートをしようとしたりして空振りをしてしまいます。



 そこで多くの指導者は、パスやシュートの技能を高めようと練習を課します。しかし、着球に関する技能の伸びは、それほど期待できません。着球には、着球に適した遊びや練習があるのです。


 
◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆


 今回も、遊びを通じて「モジュールスキルを身に付ける機会」について、説明しました。その中でも「着球する場所の予測」を取り上げてみました。


 
 着球する場所の先取りについて考えていると、小学生の頃に登下校で楽しんでいた「影跳び」を思い出しました。


影跳び

 
 前から走ってくる車の影を跳び越す遊びです。車が連続したり、トラックだったりすると難しいんですよね。これってまさに「着球の予測」です。子どもが面白がる遊びって、どこかでスポーツにつながっているんだなって実感しました。


 
 これまでに、モジュールスキルを5つ紹介しました。モジュールスキルはあと2つです。


 
 あなたのお子さんの「かしこい体」にFunタイムを!


参考「子どものボールゲームバルシューレ」 木村 真知子 編著



 



運動神経がよくなる10の方法 過去の記事はコチラをご覧ください!
「運動遊び編」と「なわ跳び編」です!



 
運動神経がよくなる10の方法「ボールを使った遊び①」風船遊び


 
運動神経がよくなる10の方法「ボールを使った遊び②」またの間にボールを転がす遊び


 
運動神経がよくなる10の方法「ボールを使った遊び③」ホットポテト


 
運動神経がよくなる10の方法「ボールを使った遊び④」ボールの軌道を先取りする遊び


 
運動神経がよくなる10の方法「ボールを使った遊び⑤」味方を見つけパスを回す遊び


 
運動神経がよくなる10の方法「ボールを使った遊び⑥」UFOを打ち落とす遊び


 
運動神経がよくなる10の方法「ボールを使った遊び⑦」敵を認識する遊び 十字架鬼


 
運動神経がよくなる10の方法「ボールを使った遊び⑧」ボールに最短でたどり着く動き しけい


 
運動神経がよくなる10の方法「ボールを使った遊び⑨」ボールが着球する場所を先取りする リングテニス


 
◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆


 
運動神経がよくなる10の方法 運動遊び編①【ジャングルジム鬼】


 
運動神経がよくなる10の方法 運動遊び編②【けん玉遊び】


 
運動神経がよくなる10の方法 運動遊び編③【めんこ遊び】


 
運動神経がよくなる10の方法 運動遊び編④【リレー遊び】


 
運動神経がよくなる10の方法 運動遊び編⑤【ターザンロープ遊び】


 
運動神経がよくなる10の方法 運動遊び編⑥【長なわ遊び】


 
運動神経がよくなる10の方法 運動遊び編⑦【よじのぼり・とびわたり・とびおり】


 
運動神経がよくなる10の方法 運動遊び編⑧【ともえ鬼】


 
運動神経がよくなる10の方法 運動遊び編⑨【かえるの足打ち遊び】


 
運動神経がよくなる10の方法 運動遊び編⑩【①~⑨のまとめ】


 
◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆


運動神経がよくなる10の方法 なわ跳び編①


 
運動神経がよくなる10の方法 なわ跳び編②


 
運動神経がよくなる10の方法 なわ跳び編③


 
運動神経がよくなる10の方法 なわ跳び編④


 
運動神経がよくなる10の方法 なわ跳び編⑤


 
運動神経がよくなる10の方法 なわ跳び編⑥


 
運動神経がよくなる10の方法 なわ跳び編⑦


 
運動神経がよくなる10の方法 なわ跳び編⑧


 
運動神経がよくなる10の方法 なわ跳び編⑨


 
運動神経がよくなる10の方法 なわ跳び編⑩




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山形昇平

Author:山形昇平
北海道教育大学附属札幌小学校にて11年間教員として勤務、その後北海道コンサドーレ札幌への出向を経て、現在は札幌市内教員です。学級便り・学校便りの発信、育児・子育てへの提案、運動・遊びのアイデア発信をしています。お子さんの成長の一助となれば幸いです。

ファンタイムへのアクセス数