FC2ブログ

記事一覧

お話の薬屋~本日は「新たに組織のトップに立たれた方」に処方します

お話の薬屋4

 こんばんは、お話の薬屋です。あなたの心に効くお話を処方します。


 たいていの人はふとした時に、自分の人生の意味を考えてしまうものです。そして思いを巡らし、時には戸惑い、悩んでしまいます。


  一方…あなたの人生に力を与えてくれるメッセージは、お話となり世界中に存在しています。


 でも、それらのお話は、「真の力」を言葉という箱に閉じこめ、隠しているのです。


 だからもし、あなたが心の底から、お話を聞きたいという気持ちを抱き、自分の人生の意味を知りたいという気持ちが重なった時、箱の扉が開きます。


 そして、あなたは大いなる力をお話から受け取るのです。


 
◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆


 さて、今日のお客さんがやってきましたよ。


 ショートカットがよく似合う女の子です。


 中学生でしょうか、高校生でしょうか?希望に満ち溢れた目をしています。




チームのキャプテンになりました。
先輩方が築いてきた伝統を守りながらも、
もっともっと飛躍したいと思っています。



 
 わかりました。あなたのやる気の一助になるよう。このお話を贈ります。


【 ししとぶよ 】


ライオン

「出ていけ、つまらぬむしけら、うじ虫め」


 ある日、ししがぶよに向かって、このような言葉を投げつけた。


 ぶよもししに宣戦を布告した。


「王というお前さんの肩書が、この俺を心配させると思うかね?」


「牛はお前さんよりも力が強いのに、俺は彼を好きなように躍らせられるんだ」


 こう言い終わるとすぐにぶよは、進軍ラッパを鳴らした。ぶよはラッパを手にした百選の勇者。敵が攻めてくれば、さっと身を引き頃合いをみて、ししの首に襲いかかる。おかげでししも狂ったようにきりきりの舞い。四足獣は泡をふき、その目からは火花を散らした。


 ししが吠えれば、誰もが身を隠し、おびえ震えた。しかし、このみんなの不安はたった一匹のぶよのせいだ。


 一寸法師のぶよは、いたるところでししを悩ます。ある時は背骨を、またある時は鼻っ面を刺し、時には穴の穴の奥まで深く入り込む。


 かくしてししの怒りは最高潮に達した。


 見えない敵は勝ち誇り、怒り狂った獣の爪や歯がいたずらにわが身を血まみれにするばかりなのを見て笑う。不幸なししは自ら自分の体を引き裂き、脇腹の回りで尻尾を鳴らし、どうにもならない空気を叩いた。そしてあまりの怒りに疲れ、衰弱し、ついに精根尽き果てた。


 ぶよは誇らかに戦場を引き上げ、戦勝のラッパを鳴らした。


 そして、いたる所に勝利を知らせて回ったが、その途中で待ち伏せていたクモに出くわし、ぶよもまた命を落とした。


≪ ラ・フォンテーヌの寓話から ≫


 
◆ ◇ ◆

 このお話は、二つのことを教えてくれます。


 あなたの行く手を阻むものは、意外や意外、今はちっぽけに見えるものであるということ。


 そして、身を滅ぼす出来事は、ある日突然やってくるということ。


 だれしも目につく大きな課題は、誰しもが気付くものです。ですから、誰もが気づかず、気にも留めない小さな課題の卵に目を光らせるのがあなたの仕事なのでしょう。


 嬉しい時にも、落ち込む時にも、それぞれの出来事が発するメッセージを敏感に受けて止めてください。


 あなたのチームにとって、あなたはししです。その爪や歯はするどい光を放っていることでしょう。その向かう先が、あらぬ方向に向かえば、自分の体を傷つけることを忘れずに。


 【 ししとぶよ 】の話は、そんなメッセージをあなたに伝えています。このお話の薬が、あなたの心に効くことを願っています。


 お大事に…


 
◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆


 今日のお話が、あなたの旅路を慰め、力づけてくれますように。あなたの人生にFanタイムを!

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山形昇平

Author:山形昇平
北海道教育大学附属札幌小学校にて11年間教員として勤務、その後北海道コンサドーレ札幌への出向を経て、現在は札幌市内教員です。学級便り・学校便りの発信、育児・子育てへの提案、運動・遊びのアイデア発信をしています。お子さんの成長の一助となれば幸いです。

ファンタイムへのアクセス数