FC2ブログ

記事一覧

運動神経がよくなる10の方法「ボールを使った遊び⑭」プレルボール

ボールを使ってパスする子どもたち


 お子さんが豊かなスポーツライフを営んでいくために「かしこい体」を手に入れる方法をお伝えしています「運動神経がよくなる10の方法」です。


 子どもたちの大好きなボール遊びをしながら巧みな体、つまり思い通りにパパッと体を動かせる子どもを育む遊びを提案しています。今回は、その14回目です。


 ⑫からは、特に「プレイ経験の蓄積」の重要性について説明しています。今回も、楽しい遊びを通じて説明していきます。


 「プレイ経験って何?」と思った方がいるとは思いますが、まずは遊びの紹介です。


 ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ 


 今回紹介するボールを使った遊びはテニスのような、バレーのような遊びです。




【 プレルボール 】
プレルボール

 叩きつけたボールを敵コートに落とす回数を競う遊びです。


 コートの中央に膝の高さくらいのロープをはります。そのロープをはさんで、2チームが向かい合い対戦がスタートします。


 先生の「よーいスタート!」の合図で、プレーヤーは自分のコートにボールを打ちつけ、そのボールがロープを越えて相手のコートにまで届くようにします。相手は、そのボールを自分の陣地に落とさないようにキャッチします。キャッチしたら、今度はボールを打ちつけて攻撃する番です。


 もし相手が、そのボールをキャッチできずに、相手のコートにボールを落としてしまったら得点です。


 攻撃するばかりではなく、仲間にパスをすることもできます。攻撃と同様に、ボールを打ちつけて、仲間がそのボールをキャッチするのです。


 
ちなみに、チームの人数は、3~4人がよいと思います。コート中央のロープは、バドミントンのネットを活用してもよいです。ボールは、よく弾むものを用意して下さい。慣れないうちは、径の大きなボールを使うのがおススメです。


 ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ 


 さて、ここからは上の遊びで育まれる力、プレイ経験の蓄積について説明していきます。今回は特に、「プレイ経験を蓄積するための良質の遊びとは?」について詳しくお伝えします。



 まずは、プレイ経験の蓄積とは、端的にいうと「未来を先取りする力」です。ゲームの中で、「こう動いたらこうなる」というある程度の予測ができるようになるということです。


 プレイ経験の蓄積が豊富なプレーヤーは、ゲームや試合において落ち着きが見られます。なぜなら、未来を先取りして、余裕をもってプレイをコントロールしているからです。


 そこで、今回はプレイ経験の蓄積につながる良質の遊びの1つ、「プレルボール」を紹介しました。この遊びで育つのは「隙間の発見」と「位置取り」の2つです。


 このように、プレイ経験を蓄積するための良質の遊びには、ターゲットとする「戦術上の要素」が濃縮して含まれています。また、そのターゲットに特化しているのも特徴です。


 ジュースに例えるなら、いろんなフルーツが含まれたミックスジュースではありません。「オレンジシューズ」「ぶどうジュース」のように一つの果物からできた100パーセント濃縮の濃いジュースです。


 そして、戦術のターゲットは5つです。


◆ 位置取り…コート上でより有利な場所に移動すること。


◆ ボール確保…1人で、仲間とボールを相手に奪われないようにキープすること。


◆ 優勢作り…相手をかわしたり、フェイントをかけたりして有利な状況を生み出すこと。


◆ 隙間の発見…パスやシュートのための隙間に気づくこと。


◆ タイミング…パス、シュートへ導くチャンスを正しいタイミングで使うこと。


 
これらの5つの戦術要素がしっかりと含まれた遊びが、プレイ経験の蓄積につながる良質な遊びなのです。


 なお注意が必要なのは、既存のスポーツをコンパクトにしたものとは違うということです。例えば、バスケットボールのプレイ経験を蓄積させようとして、3on3をしてもうまくいきません。一方、バスケットボールのプレイ経験の蓄積に今回紹介の「プレルボール」はつながります。大事なのは、ターゲットとする戦術がその遊びにしっかりと染み込んでいるかどうかです。


 ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆


 今回は、プレイ経験の蓄積、とくに「良質な遊びの要素」についてお伝えしました。


 次回も、楽しい遊びをお伝えします。お楽しみに。


 あなたのお子さんの「かしこい体」にFunタイムを!


参考「子どものボールゲームバルシューレ」 木村 真知子 編著



 



運動神経がよくなる10の方法 過去の記事はコチラをご覧ください!
「運動遊び編」と「なわ跳び編」です!



 
運動神経がよくなる10の方法「ボールを使った遊び①」風船遊び


 
運動神経がよくなる10の方法「ボールを使った遊び②」またの間にボールを転がす遊び


 
運動神経がよくなる10の方法「ボールを使った遊び③」ホットポテト


 
運動神経がよくなる10の方法「ボールを使った遊び④」ボールの軌道を先取りする遊び


 
運動神経がよくなる10の方法「ボールを使った遊び⑤」味方を見つけパスを回す遊び


 
運動神経がよくなる10の方法「ボールを使った遊び⑥」UFOを打ち落とす遊び


 
運動神経がよくなる10の方法「ボールを使った遊び⑦」敵を認識する遊び 十字架鬼


 
運動神経がよくなる10の方法「ボールを使った遊び⑧」ボールに最短でたどり着く動き しけい


 
運動神経がよくなる10の方法「ボールを使った遊び⑨」ボールが着球する場所を先取りする リングテニス


 
運動神経がよくなる10の方法「ボールを使った遊び⑩」ボールのキャッチ&キープ どこでもドリブル&バウンドキャッチ


 
運動神経がよくなる10の方法「ボールを使った遊び⑪」パス&シュートのコントロール 片づけ競争


 
運動神経がよくなる10の方法「ボールを使った遊び⑫」ドラキュラ、電撃サンダーボール


 
運動神経がよくなる10の方法「ボールを使った遊び⑬」たまごボール


 
◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆


 
運動神経がよくなる10の方法 運動遊び編①【ジャングルジム鬼】


 
運動神経がよくなる10の方法 運動遊び編②【けん玉遊び】


 
運動神経がよくなる10の方法 運動遊び編③【めんこ遊び】


 
運動神経がよくなる10の方法 運動遊び編④【リレー遊び】


 
運動神経がよくなる10の方法 運動遊び編⑤【ターザンロープ遊び】


 
運動神経がよくなる10の方法 運動遊び編⑥【長なわ遊び】


 
運動神経がよくなる10の方法 運動遊び編⑦【よじのぼり・とびわたり・とびおり】


 
運動神経がよくなる10の方法 運動遊び編⑧【ともえ鬼】


 
運動神経がよくなる10の方法 運動遊び編⑨【かえるの足打ち遊び】


 
運動神経がよくなる10の方法 運動遊び編⑩【①~⑨のまとめ】


 
◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆


運動神経がよくなる10の方法 なわ跳び編①


 
運動神経がよくなる10の方法 なわ跳び編②


 
運動神経がよくなる10の方法 なわ跳び編③


 
運動神経がよくなる10の方法 なわ跳び編④


 
運動神経がよくなる10の方法 なわ跳び編⑤


 
運動神経がよくなる10の方法 なわ跳び編⑥


 
運動神経がよくなる10の方法 なわ跳び編⑦


 
運動神経がよくなる10の方法 なわ跳び編⑧


 
運動神経がよくなる10の方法 なわ跳び編⑨


 
運動神経がよくなる10の方法 なわ跳び編⑩




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山形昇平

Author:山形昇平
北海道教育大学附属札幌小学校にて11年間教員として勤務、その後北海道コンサドーレ札幌への出向を経て、現在は札幌市内教員です。学級便り・学校便りの発信、育児・子育てへの提案、運動・遊びのアイデア発信をしています。お子さんの成長の一助となれば幸いです。

ファンタイムへのアクセス数