FC2ブログ

記事一覧

どん兵衛で「どん二郎」をつくっちゃお

 ツイッター等、メディア話題のカップうどんのどん兵衛で「どん二郎」を作ってみました。


 『日清のどん兵衛』をちょいと工夫して調理すると、「ラーメン二郎」風の「どん二郎」ができるのですと。


 ラーメン二郎と言えば…ボリューム??


ブタキング

 二郎系のラーメンを食べた経験が1度しかない僕としては、それしかイメージがないのです。そこでWikipediaさんにヘルプしますと、


 ◆麺の上には、野菜(モヤシとキャベツ)とチャーシューがのっている。


 ◆豚肉を主な材料とした出汁に、醤油味のタレを加えて調整する。


 ◆麺は基本的に比較的太く、ごわごわした縮れ麺となっている。


 ◆スープは豚肉や豚骨にキャベツの芯やニンニクなどの香味野菜を煮込んで作られ、豚の脂が混ざり脂肪分が多い。


とういうことだそうです。Wikipediaさんってホント物知りですよね。


 しかし…これを「どん兵衛」で!ホントかな?


 だって、どん兵衛は、あくまでもうどんですよ。でもまあ、とりあえず作ってみましょう。


 
◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆


これが材料です


どん二郎材料

 日清「どん兵衛」、牛脂(スーパーでもらえるやつでOK)、もやしやキャベツ、にんにく…ここまでが必須アイテムらしいです。にんにくは写真にありませんが、桃屋の刻みにんにくを使いました。それから、今回はキャベツは使っていません。

 そして、ここからがオプションメニューとして、チャーシューとメンマ、ゆで卵ですね。やっぱ、これが入ると見た目が全然違うので、加入させます。

 総額350円くらいかな。


 


普通にスープ投入後に、牛脂投入、そしてお湯


 まず、普通にどん兵衛を作るように、スープを入れます。


どん二郎スープを入れる

 そして、そこに牛脂を投入します。


どん二郎牛脂

 そのままの形状だと、溶け切らず食べづらいです。刻んだ方が食べ心地が良いと思います。


どん二郎お湯投入

 そしてお湯を入れるのですが、ここで注意!

 ぐわらぐわらと沸騰したお湯を使いましょう。食べるのに時間がかかるからです。熱いお湯だと、最後までアツアツでおいしく食べられますよ。


 


5分待つ間にもやしを茹でましょう


 どん兵衛の待ち時間は、5分間ですから、その間にもやしを茹でましょう。


どん二郎もやし

 ちなみに2袋がいいです。1袋でもいいですが、2袋がおススメです。3袋は多すぎてのりません。2袋だと、二郎風の見た目にぴったりの量です。


 


5分たったらひたすら積み上げましょう


 5分たったら、蓋を開けて、もやしをどんどん積み上げていきます。あとは、再度にチャーシューと、メンマ、ゆで卵をトッピング。


どん二郎2

 最後にもやし山の頂上に刻みニンニクをドサッと登頂させます。


どん二郎完成1

 おおぅ!見た目はまさに二郎風だ!


 


◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 さっそく食べてみます。


どん二郎6

 まず、一生懸命、天地をひっくり返して…もやしをスープに浸し、麺を引き出します。

 さあ、麺を食べてみます。

 うん、これはおいしい!

 不思議ですね。うどんが、牛脂とニンニクが加わると、ラーメンになるのですね。しかも、太麺の触感が実にガツンとくる。


 そして、面白いのが、どん兵衛ですから「揚げ」が入っていますよね。これを一口食べた瞬間、口の中がうどんに戻るんですね。甘辛のしょうゆ味が、どん兵衛本来の味の記憶を呼び覚ましてくれます。

 ある意味、ラーメンと、うどんを同時に食べられるメニューと言ってもいいかも。

 二郎系のラーメンだ!とは言えませんが…おいしいのは間違いない!です。


 


どん二郎4

 ちなみに、ボリュームは大満足の量です。僕はこのどん二郎を、昼ご飯に食べたのですが、夕食は全く食べられませんでしたよ。


 是非ためしてみて下さい。あなたの美味しい食卓にFunタイムを!

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山形昇平

Author:山形昇平
北海道教育大学附属札幌小学校にて11年間教員として勤務、その後北海道コンサドーレ札幌への出向を経て、現在は札幌市内教員です。学級便り・学校便りの発信、育児・子育てへの提案、運動・遊びのアイデア発信をしています。お子さんの成長の一助となれば幸いです。

ファンタイムへのアクセス数