FC2ブログ

記事一覧

組立体操・組体操 講習会レポート その3~組立体操の花「タワー」を安全に指導するためのアイデア~

サボテン

 全国の学校で行われている組立体操による事故・怪我が相次ぎ、組立体操の実施そのものに厳しい目が向けられています。


 自治体や教育委員会によっては、段数の規制を行ったり、全面規制をしたりしています。
体育に関係するみなさんは、きっとこの問題に注目していることでしょう。僕もその中の1人です。



そこで…


 日本体育大学で行われました「組立体操・組体操 講習会」(2017年1月29日)に参加し、学んできました。


 講習会では、組立体操が抱える危険性について名古大学の内田准教授が提言をしてくれました。
内田良准教授

 また、組立体操・組体操の専門家の日本体育大学の荒木教授の演習を受けました。


荒木達雄教授

 実技指導をされる方に知っておいてほしい知識と、生徒が安全で楽しみながら取り組める具体的な内容について 実践を交えながらわかりやすく紹介していただきました。


 充実の講習内容の全てをお伝えするわけにはいかないのですが…その一端を紹介していきたいと思います。


 
 今回は、荒木先生から学んだ「タワーを安全に指導するためのアイデア」をお伝えします。そのカギは3つあります。


◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆


組立体操の花「タワー」を安全に指導するためのアイデア


 ざっくりいうと…


☑ ポイント1 タワーは2段までにすること


☑ ポイント2 土台の背中は、地面と垂直にすること


☑ ポイント3 両足で降りる練習を繰り返すことで、落下事故を防げること


 

 
2人タワー6

 落下により、大きな怪我につながりやすいのがタワーです。上から落下してきた子はもちろん危険ですが、落下してきた子に当たってしまう土台の子も大きな怪我をすることがあります。


巨大タワー

 数メートルの高さから、何十キロもの重さが落ちてくるのですから、その衝撃は相当なものでしょう。


 


ポイント1 タワーは2段までにする


 


 たとえ日本体育大学の大学生であろうと、「タワーは2段まで」と荒木先生は言いきっています。


 例え、国体のような大きなイベントで行う1500人規模の演技であっても、荒木先生が指導する場合、2段までしかしないそうです。


 演技するのが、普段から体を鍛えていて、しかも、しっかりとした指導を受けている日体大の学生でも、2段までしかしないそうです。


 2段のタワーでも、方法や構成の工夫で十分素晴らしい演技になるそうです。安全にかつ、見ている観客を魅了するのが指導者の腕の見せ所というわけですね。


 それでは、ここから2段タワーのやり方を説明していきます。


 


ポイント2 土台の背中は、地面と垂直にする


 


まずは、土台の2人が向かい合い、背筋を伸ばしたまましゃがむ


2人タワー1

 ますは、2人が向かい合ってください。そして両手を首の横に置きます。


 指導者は、背筋が伸びているか確認してください。仲間同士で声をかけあうのもいいですね。


2人タワー2

 そして、しゃがみます。この時も、背筋をしっかりとチェックしましょう。背中は、いつも地面と垂直です。


 


乗る子の足をしっかりと固定する


 乗る子を土台に乗せてみましょう。


2人タワー4

 乗る位置は、背中ではありません。首の付け根の肩です。ここには、下にしっかりとした柱があります。そして、背筋が伸びていたら、重心に近いので土台の子は重さを少しでも軽減することができます。具体的に位置を示してから、乗るようにしましょう。


2人タワー5_足の押さえ方

 そして、土台の子は、両手で乗る子の足を固定します。こうすれば、背筋が伸びていてもしっかりと肩に乗ることができます。


 


ポイント3 両足で降りる練習を繰り返すことで、落下事故を防げる


 技を完成したい気持ちは分かりますが、降りる練習が先です。


立ち上がる前に、降りる練習を繰り返す


2人タワー10_飛び降りる練習

 降りる子が「降ります」と言ったら、土台の子はパッと手を放す癖を付けてください。また、落下しそうな場合に備えて「危ない」と言ったら話す癖を付けてもよいでしょう。


 仲間同士でコミュニケーションを図りながら、じっくりと進めてください。


 


立ち上がることができれば2段タワーの完成


 まずは、土台の子が立ち上がりましょう。


2人タワー7

 最初は、支える子がいると、安心してできます。


2人タワー8

 2段タワーのメリットは、ここにもあります。手を取って支えられるのです。


 大きなタワーの場合、一番上に乗る子を支えることはできません。でも、手を持っていれば、少なくとも頭から落下する危険性はずいぶんと減らすことができます。


2人タワー6

 乗る子が足を伸ばして立ち上がることができたら完成です。


 イラストでは、横に手を伸ばしていますが、両手を合わせ上に手を伸ばしてもカッコいいです。また、音楽に合わせてゆっくりと手を回すこともできます。


 グラウンドにいっぱいに完成したタワーが、一斉にポーズを決めたら爽快です。きっと、ものすごい高さのタワーに負けない拍手をもらえると思います。


 


◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆


 講習中に荒木教授は…


低い段数、基本技を、
いかに安全に指導するかがポイントである。


と話していました。


 
 考えてみると、どの運動・スポーツも基本技から長い年月をかけて、ダイナミックで難易度の高い技に移行していきます。


 例えば小学校の学習指導要領の跳び箱を使った運動で最初に行う技は、台に跳び乗ったり、台から跳び下りたりすることです。


 そこから、開脚跳び、台上前転と技を学んでいき、最終的に頭はね跳びといった発展技を行うようになります。その間、6年間です。


 それなのに組立体操・組体操だけは、「運動会の練習期間だけ」です。そう考えてみると、怪我や事故が多いのは当たり前のように思えてきます。


 一方、組立体操・組体操は、


 「互いのコミュニケーション」「身体のバランス」「互いを思いやる心」が育つという教育効果ふんだんに含まれた良質の運動です。それが運動会という大きな行事に位置付けられ、子どもたちが意欲を燃やす状態にあるのも大きなチャンスです。

 

 ですから、体育指導者として当然のことである「安全」を確保しながらも、子どもたちが満足できるような演技や取組を生み出すのが僕たち教職員の腕の見せ所なのでしょう。


 


 3回にわたり、組立体操・組体操 講習会レポートをお伝えしました。どうでしたか?


 
 あなたのお子さんの「安全な組体操と組立体操」にFunタイムを!


 


          

組立体操・組体操 講習会レポートはコチラをご覧ください!



 
組立体操・組体操 講習会レポート その1~サボテンを安全に指導するためのコツ~



 
組立体操・組体操 講習会レポート その2~技の練習をする前にしなくてはならない3つのポイント~



 
組立体操・組体操 講習会レポート その3~組立体操の花「タワー」を安全に指導するためのアイデア~



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山形昇平

Author:山形昇平
北海道教育大学附属札幌小学校にて11年間教員として勤務、その後北海道コンサドーレ札幌への出向を経て、現在は札幌市内教員です。学級便り・学校便りの発信、育児・子育てへの提案、運動・遊びのアイデア発信をしています。お子さんの成長の一助となれば幸いです。

ファンタイムへのアクセス数

このページのトップへ