FC2ブログ

記事一覧

学級通信 「どんとこい!三日坊主」



 今日は三日坊主がテーマです。


 大人は子どもに「三日坊主はいけません」と言います。


 1つのことを最後まで成し遂げることを美徳とする僕たちにとって、一度決めたことを簡単に止めてしまうことは不道徳だというわけです。先生や大人は「いけません」と必ずいいます。「三日坊主イイね」という先生に出会ったことは一度もありません。


 ところで…
 AIが人間の名人を負かせたり、14歳の中学生が連勝したりびっくりすることがいろいろ聞こえてきます。


 メールやネットでいつでもどこでも仕事やコミュニケーションができます。車は勝手に止まるし、困ったら何でもスマホが教えてくれます。


 不易が悪くて、流行がよいということではありません。自分が感じる不易の上にどっかりとあぐらをかいていていいのか?ってことです。


 今回は「三日坊主を疑う」ということがテーマです。では、本文をどうぞ。




 


学級通信 「どんとこい!三日坊主」


 


 


 「また、三日坊主じゃないのか?」


 子どもが何かを始めようとした時、そんな事を言うことがあります。


どんとこい三日坊主2

 長続きするのかい?根気よくやれよ!って意味を込めての言葉ですが、聞いてあまり良い気がしないと思います。人によっては、それがきっかけで「やめた!」となることがあるかもしれません。


 三日坊主は何か悪いことのように言われることが多いものです。


 辞書には、
物事に飽きやすく、長続きしないこと。また、その人。【例文】日記付けも三日坊主に終わる。(デジタル大辞泉)


と書いています。


 しかし、よく考えてみると、3日といえ、課題に取り組んだ事実はあるのです。


 そこは褒めとくべきだと先生は思います。


 また、何かを始めることは大きななエネルギーを必要とするわけですから、


どんとこい三日坊主3

 その一歩を踏み出したということは大変偉いのです。


 そこの所も褒めておきたいところです。


 ただし、なぜ3日で終わってしまったのかってことは確かめておいて損はないと思います。


 「それ自体が嫌」ならしょうがないのですが、やりたいんだけど準備が「面倒」とか「時間が足りない」とかいう理由だったら、話は随分違います。


 やりようによってはもしかして、3日が10日になるかもしれません。
 そして、工夫をして伸びた10日と、すんなりと自然と続いた10日では、また違った価値があります。


 また3日で終わってしまっても、この世の終わりみたいにがっくりするのは変な話だと思います。ましてや、他人から「こらっ」なんて叱られるのは間違っています。


 仮に一つのことを99日続けた人と、


どんとこい三日坊主1

 3日坊主を33回した人がいたとします。


どんとこい三日坊主5

 こんな風に並べてみると、


 33回の人も、それなりにすごい人かもって気がしません?


◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆


 「僕は、世界を変えるんだ!」って願うなら、きっと三日坊主を決して許さない生き方の方がよいのでしょう。


 でも、「自分の世界を増やしたい」って生き方を願うなら、きっと三日坊主も悪くない。


どんとこい三日坊主4

 なぜなら、三日坊主の生き方は、こうでなければいけないという正解を答える生き方よりも、
 こういうものがあってもいいじゃないか!とか
 こんなこともあるんだ!という「正解を増やす」生き方だから。


 先生は、こういう人がもっと世の中に増えてもいい気がするのです。


 一番良くないのは、「どうせ三日坊主だ」ってやりもしないのにチャレンジを本人が諦めたり、「三日坊主だろ」ってせっかくの挑戦意欲を回りの人がくさすことです。


 どんとこい!三日坊主。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山形昇平

Author:山形昇平
北海道教育大学附属札幌小学校にて11年間教員として勤務、その後北海道コンサドーレ札幌への出向を経て、現在は札幌市内教員です。学級便り・学校便りの発信、育児・子育てへの提案、運動・遊びのアイデア発信をしています。お子さんの成長の一助となれば幸いです。

ファンタイムへのアクセス数