FC2ブログ

記事一覧

リズミカルに跳び越そう!小学校の「ハードル走」授業作り3つのポイント②

リズミカルに跳び越そう!
小学校の「ハードル走」授業作り3つのポイント②

ハードル03

「ハードル走」の授業作り3つのポイントをざっくりいうと…
◆3つのNG「長いコース」「ハードルが少ない」「高いハードル」に気を付けること
◆4年間で心と体を耕し、2年間で「陸上」というスポーツ文化を堪能すること
◆6年間は遊びから競技へと変わるグラデーションを意識すること


今回は、2つ目のポイント
4年間で心と体を耕し、2年間で「陸上」というスポーツ文化を堪能すること
について伝えていきます。




ハードル走は、障害物(ハードル)を跳び越しながら、記録を高めることや仲間と競走することが楽しい運動です。
そして、
ハードル走のタイムは、走る力との関係が深く、技術を高めれば高めるほどタイムがどんどん良くなっていくという楽しさもります。

そして何よりも…
トン、トン、トーンとリズミカルにハードルを跳び越えることは、それ自体がとっても気持ちがよいものです。

前回の「3つのNG」に続いて、2つ目のポイントを伝えてきます。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

心と体を耕し、それから「陸上」というスポーツ文化を堪能

小学校では低学年と中学年の4年間で運動・スポーツに向かう心と体を耕し、そして高学年の2年間で「陸上」というスポーツ文化を堪能するのが大きな流れです。

ハードルの授業は…
低学年の走・跳の運動遊びで行う「低い障害物を走り越える運動遊び」と中学年の走・跳の運動で行う「小型ハードル走」を経て、高学年の陸上運動「ハードル走」へ向かいます。

つまり…
陸上運動というスポーツ文化(culture)の楽しさを味わうために、低・中学年の4年間をかけて心と体を耕す(cultivate)のです。
ですからハードル走の授業は、様々なバリエーションの跳び越し方を豊かに体験できる時間から、運動文化としてのハードル走の楽しさを味わい、その行い方を理解し技能を身に付けていく時間に移行していくことになります。

それは、「リズミカルに跳び越す心地良さを味わう授業」から「記録向上を追求する授業」へと重点をシフトさせていくとよいと考えてもよいでしょう。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

「遊び」から「競技」という文化へ。
低学年はたっぷりと遊ぶ。高学年は徹底的に追究する。
それがハードル走の大きな流れです。

それを忘れずに、子どもたちとハードル走を楽しんでください。
あなたの体育授業にFunタイムを!

こちらも参考にどうぞ!山形昇平8Pに執筆しています!


小学校の「ハードル走」授業作り3つのポイント①
小学校の「ハードル走」授業作り3つのポイント②
小学校の「ハードル走」授業作り3つのポイント③
小学校の「ハードル走」授業作り3つのポイント④
小学校の「ハードル走」授業作り3つのポイント⑤【10月中旬を予定】
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山形昇平

Author:山形昇平
北海道教育大学附属札幌小学校にて11年間教員として勤務、その後北海道コンサドーレ札幌への出向を経て、現在は札幌市内教員です。学級便り・学校便りの発信、育児・子育てへの提案、運動・遊びのアイデア発信をしています。お子さんの成長の一助となれば幸いです。

ファンタイムへのアクセス数