FC2ブログ

記事一覧

リズミカルに跳び越そう!小学校の「ハードル走」授業作り3つのポイント③

リズミカルに跳び越そう!
小学校の「ハードル走」授業作り3つのポイント③

ハードル04


「ハードル走」の授業作り3つのポイントをざっくりいうと…
◆3つのNG「長いコース」「ハードルが少ない」「高いハードル」に気を付けること
◆4年間で心と体を耕し、2年間で「陸上」というスポーツ文化を堪能すること
◆6年間は遊びから競技へと変わるグラデーションを意識すること


今回は、3つ目です。
「6年間は遊びから競技へと変わるグラデーションを意識すること」
について伝えていきます。

前回までの記事はこちらから↓





ハードル走は、障害物(ハードル)を跳び越しながら、記録を高めることや仲間と競走することが楽しい運動です。
トン、トン、トーンとリズミカルにハードルを跳び越えることは、それ自体がとっても気持ちがよいものです。

でも、間違って学習を進めてしまうと、
「ぶつかるのが怖い」「足が遅いから楽しくない」
そんなネガティブな声が聞こえてきてしまうことも…

そんなことにならないように、
「低学年」「中学年」「高学年」の3つに分けてポイントを伝えていきます。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

低学年のハードル走

低学年は運動機能の発達が著しい時期です。

ハードル走の授業を通してもそれらが十分に発達するように気を付けたいものです。まっすぐなコースに同じ障害が置いてあるよりも、いろいろなバリエーションのコースを用意してあげましょう。こうすれば、たくさんの刺激を受けることができます。
しかも子どもが「楽しそうだ、やってみたい。」と思えるような遊びとして場を展開していく必要があります。

そこでおすすめなのが、段ボールのを障害物として活用したコース作りです。

ダンボールを色々な形がありますから色々な高さや幅の障害を作るのが自在です。
また、組み合わせるとどんな高さにも、幅にも改造することができます。
ハードルイラスト低学年
慣れてきたら、子どもたちが障害(ダンボール)の位置を決めて、オリジナルのコースを作り、リレー遊びをするとよいでしょう。自分たちで位置を変えたり、仲間の作ったコースを試したりする中で、リズミカルに跳び越えるために必要な障害物の置き方や高さに気付いていきます。
ハードル 場のイラスト 低学年02
ハードル走といえばまっすぐで等間隔に障害物を置いているイメージをもっていると思いますが、様々なバリエーションの場を用意していくことにより、インターバルから踏み切り、空中姿勢のコントロール、そして着地へと連なる一連の動きが一体となって子どもの身体に染みていくのです。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

低学年はとにかくバリエーション。
まっすぐコースだけなんてもったいない。
子どもたちといっぱい相談しながら楽しいコースをクリエイトしてみて下さい。

それを忘れなけでば低学年のハードル走はばっちりです。

次回は「中学年」です。

あなたの体育授業にFunタイムを!

こちらも参考にどうぞ!山形昇平8Pに執筆しています!


小学校の「ハードル走」授業作り3つのポイント①
小学校の「ハードル走」授業作り3つのポイント②
小学校の「ハードル走」授業作り3つのポイント③
小学校の「ハードル走」授業作り3つのポイント④
小学校の「ハードル走」授業作り3つのポイント⑤【10月中旬を予定】
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山形昇平

Author:山形昇平
北海道教育大学附属札幌小学校にて11年間教員として勤務、その後北海道コンサドーレ札幌への出向を経て、現在は札幌市内教員です。学級便り・学校便りの発信、育児・子育てへの提案、運動・遊びのアイデア発信をしています。お子さんの成長の一助となれば幸いです。

ファンタイムへのアクセス数