FC2ブログ

記事一覧

アサヒ 一本満足バー【 Asahi, IPPON MANNZOKU bar】~おすすめプロテインバーレポート#011~

プロテインバーE38080ファンタイムE38080いろいろE38080いっぱいE38080やまもり-1024x768 








こんなバーです…




✓ やや細身のバーでありながらタンパク質15g配合、その上ビタミン5種類も。
✓ ガリガリとした食感のチョコクランチバーで、味は2種類。
✓ スリットで割ると、5つの粒のクランチチョコレートに変身します。







栄養成分は…




ヨーグルト味を例に紹介します。
DSC_4569.jpg 

重さは39gでやや細身で軽いバーですね。

カロリー…186kcal 39gでこの数値ですからなかなかの高カロリーです。一般的なバーの重さにすると280kcal越えすると思ってください。
PFC:15g-8.9g-11g ※炭水化物は食物繊維0.86gをのぞく。
タンパク質の量…15g 60/186kcal(32%) 
脂質の量…8.9g 80.1/kcal(43%)

ですから炭水化物による熱量は、45.9kcal(25% 186kcal -60kcal -80.1kcal )です。

ちなみに甘味料にトレハロースと砂糖を使用しています。ですからカロリーオフしてません。46kcal弱分の熱量は全て材料による約11g分の糖質(砂糖や乳糖、レーズン&ベリー等による)です。糖アルコールを使用しないで、砂糖や乳糖、フルーツを使っていますから、味は「自然でかつおいしい味わい」となっています。

一方で11gは低糖質の範囲ではないです。ビスケットなら2枚、キャラメルなら3個分くらいです。ダイエッターの方は、「お菓子を食べている」という気持ちを忘れずに食べてください。







こんな方におススメ…




タンパク質量が大切!筋肉量を増やしたい方(bulk up)…▲1本じゃちょっと少ない。
糖質offでなきゃイヤ!糖質制限ダイエットしている方(low carb diet)…▲糖質は11gと結構多め。
エネルギーチャージしたい!栄養豊富な間食を求めている方(nutrient-rich sweets)…◎エネルギー豊富で、ビタミン&必須アミノ酸も配合!
おいしいのが第1!おいしいバーを求めている方(foodie)…◎どちらの味を選んでもバッチリ!






テイスト1 プロテインチョコ 


DSC_4332.jpg 

ワクワク…袋を開けてみると

39gという表示を見て「小さい」とがっかりしていたのですが…
これが結構大きい。9gとは思えない。持ってみるとものすごく軽いのですが、その割に大きいです。
DSC_4334.jpg 
全体的にこげ茶色です。そしてごつごつしています。
表も裏もこげ茶色です。全体的にチョコレートでシリアルを固めたという感じのバーです。
そして特徴的なのが、5つのブロックに分かれているという事です。板チョコのようにバーに4つの溝(スリットというらしい)が彫られていて、結果的に5つのブロックに分かれるというわけです。
DSC_4337.jpg 
これはとてもよい工夫です。会社では「食べやすさ」をうたっていますが、それに加え、分けて食べることを促してくれます。1本全部食べるのではなく、トレーニング前に2ブロック、トレーニング後に3ブロックというように分けて食べると栄養面でのコントロールがしやすくなります。ナイスアイデアです。


パクリッ…1口食べてみました

かなりクリスピーでガリガリと音がします。
そしてかなりミルキーで甘いです。
チョコレートはかなり甘くて牛乳がたっぷり入ったやつです。
たまに入っているレーズンもうまいことアクセントとして効果を出しています。
とてもあまいです。そして味の質が高いです。味はチョコフレークそっくりです。おいしいです。これはほぼおやつですね。
DSC_4336.jpg 
クリスピーさはとてもしっかりとしています。ずっと口の中でカリカリ鳴り続けているくらいです。ですから、結構食べた感じがします。噛むことって満足に影響するのですね。
ただ、なにせ39gですからあっという間になくなります。
残念ながらお腹いっぱいにはなりません。


モグモグ…最後まで食べてみました

ただし…
チョコの味わいの質の高さと、クリスプのしっかりとした歯ごたえはさすがメイドインジャパンと思ってしまいました。ちゃんと甘いです。いやしっかり甘いです。甘みで不満を持つことはないでしょう。チョコテイストもちゃんとチョコの味がします。当たり前のことを書いているようですが、そうでないバーって結構あるのです。
DSC_4335.jpg 
問題は、栄養面ですね。
39gのバーで15gのたんぱく質を摂取できます。大体のバーは60gくらいの大きさですから、1.5本分として考えます。すると…たんぱく質22.5g◎、糖質16.5g×、カロリー279kcal×というようにたんぱく質以外は厳しい結果。すごくおいしいだけに残念。
1本食べて、あとはプロテインパウダーで補給というのがよいのではないでしょうか。


明日も食べるかな?

明日も食べます。
あさっても食べます。
箱で買っても大丈夫です。



点数は?

★★★★☆ 4点です。

DSC_4333.jpg 

とてもおしいです。もうすぐ5点取れそうだったから。
こんな品質のプロテインバーがコンビニに並ぶようになったのですから、日本も随分とサプリメント大国になったものですね。

とってもおいしいです。それは保証します。とにかくチョコレートの味がちゃんとチョコレートの味するのがうれしいです。しかもガリガリとした食感が気持ちよいです。チューイーが苦手な人っていますよね。おススメです。
DSC_4338.jpg 
あと1点はとにかく糖質が高く、高カロリーである点です。一方で、体重が少ない方や女性の方など、1日のタンパク質摂取量がそれほど高くない方はばっちりのバーだと思います。








テイスト2 プロテインヨーグルト



DSC_4562.jpg  

ワクワク…袋を開けてみると

細身のバーです。長さは普通です。39gと標準的なバーの2/3の重さです。
香りがいいです。そして強い。ヨーグルトの酸味があって、若干ミルクを感じさせる香りがバンバン漂ってきます。
DSC_4564.jpg 
表面は白いコーティングがさてれいます。裏もです。
コーティングか結構しっかりとしています。
表面はごつごつとしています。クリスピーなバーなんでしょうね。

パクリッ…1口食べてみました

固いです。カ リッという感じで噛み切れます。
結構な硬さですが、適度です。つまり、噛み切ろうとするとちゃんと割れます。
DSC_4566.jpg  
このバーは、5つのブロックに分かれるようにスリットが入っているからです。
手で割ろうとすると、スリットに合わせて5つのブロックに分かれます。
これはこれで新しいでしょう。

味わいはとってもさわやかなヨーグルトテイストです。
コーティングは酸味がしっかりとしていて、中身のパフがミルキーさを担当しているようです。
ちゃんとヨーグルトの味がします。
ヨーグレットというタブレットのお菓子がありますよね。あの味です。



モグモグ…最後まで食べてみました

断面を見てみますと、ドライフルーツやナッツが入っています。
DSC_4567.jpg  
成分表によりますと、レーズンやクランベリーがはいっているそうです。赤や紫の粒粒がところどころに見られます。多くはないですが、ちゃんとアクセントになっていておいしいです。
噛み応え十分の5粒です。

甘みはそれほど強くはないですが、ヨーグルトテイストが上出来なので、満足することはまちがいないと思います。5粒なんてあっという間に食べてしまいますよ。
プロテイン感は、ほどんどありません。酸味が上手に隠してくれています。
塩気もありません。おいしいヨーグルト味です。




明日も食べるかな?

食べるか?
食べます。1箱は間違いなくいけると思います。
2本いっぺんも楽勝だと思います。



点数は?

★★★★☆ 4点です。

DSC_4563.jpg  

味は抜群においしいです。そしてこのハードな噛み応えは、おススメです。また、5つのブロックに分かれるためのスリットもいいですね。
さて、問題は39gという重さです。これでたんぱく質15g、189kcal、糖質11gです。これをどう取らえるかが評価の分かれ目です。15gのたんぱく質含有量は多いとは言えません。その割に糖質はわりと多いです。角砂糖4個弱ですから。2本食べると30gを摂取できますが、糖質が22gになってしまいます。この栄養面の課題がなければ、5点台を狙えるバーになると思います。







【ずばり!おいしさチョイス】 どっちがおいしいのか?



DSC_4562.jpg  

1位 ヨーグルト
2位 チョコ

順位は付けましたが、どっちもおいしいです。
ただ…チョコのおいしいバーは他にもたくさんあります。一方、良質の味わいのヨーグルトバーは本当に少ないです。ただ白いだけとか、ただ甘いだけとかそういうのはあるのですが…
カルピスみたいな、ヨーグレットみたいな風味のあるヨーグルトチョコレート味は本当に珍しいです。それをコンビニで手軽に手に入れることができるのは本当にうれしいです。
日本で手軽に手に入るプロテインバーの中では、ウイダーのベイクドチョコとトップ争いをしているバーだと思います。

課題は…
39gの大きさで、15gのタンパク質そしてカロリー180程度だと、まだまだタンパク質の多いお菓子というジャンルを抜け出ていないと思います。できれば味わいを落とさずに、あと5gタンパク質を多くして、糖質をあと5g程度落とせたら最高ですね。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山形昇平

Author:山形昇平
北海道教育大学附属札幌小学校にて11年間教員として勤務、その後北海道コンサドーレ札幌への出向を経て、現在は札幌市内教員です。学級便り・学校便りの発信、育児・子育てへの提案、運動・遊びのアイデア発信をしています。お子さんの成長の一助となれば幸いです。

ファンタイムへのアクセス数