FC2ブログ

記事一覧

マイプロテイン プロテインロッキーロード【MYPROTEIN PROTEIN ROCKY ROAD】~おすすめプロテインバーレポート#024~

マイプロテイン 山盛り (2)








こんなバーです…





✓ ふわふわのマシュマロと共にタンパク質が12g摂取できます。
✓ 味わいはまさにロッキーロード味!チョコとマシュマロのコラボを楽しもう。
✓ ふわふわの食感はプロテインバー界でも珍しく、チューイー苦手な方におススメ。







栄養成分は…





重さはで50gで、少し小さいですね。

カロリー…209kcal
PFC:12g-10g-23g※1
※1 食物繊維は0gです。これまた珍しい。
タンパク質の量…12g 48/kcal(23%) 
脂質の量…10g 90/209kcal(43%)

ですから炭水化物による熱量は、71kcal(34% 209kcal -48kcal -90kcal )です。

成分表を見ます…
糖類(sugers)が8.5gとなっていて、結構な量です。これに加えて甘味料(イソマルチトール、スクラロース)が入っていますから、そうとうに甘くなっていることが予想されます。

しかも、食物繊維が0gですから、糖質量はそれなりの量を覚悟してい下さい。まあ、20gくらいだと思います。チョコクッキーを3枚食べているくらいですね。

栄養的には、糖異質オフなバーではないです。タンパク質が少し多めに入っているバーです。

その他の成分は、HPで確認してみて下さい。








こんな方におススメ…




タンパク質量が大切!筋肉量を増やしたい方(bulk up)…▲12gは力不足。
糖質offでなきゃイヤ!糖質制限ダイエットしている方(low carb diet)…▲糖質オフではないです。
エネルギーチャージしたい!栄養豊富な間食を求めている方(nutrient-rich sweets)…▲カロリーはばっちり!。
おいしいのが第1!おいしいバーを求めている方(foodie)…○珍しいしょっかん、確かな味わいです。
見た目が大事!(instagramer)…▲なんの工夫もなし。







テイストはこんな感じ…



DSC_5076.jpg

ワクワク…袋を開けてみると

ロッキーロードといえば、マシュマロやナッツなどがチョコレートでコーティングされた見た目が岩のようにゴツゴツとしていて、ボリュームのあるチョコレート菓子ですが…
 

まさにイメージ通りの見た目をしたバーです。

ごつごつした大きめの固まりが、チョコレートで結合されたような
見た目です。

DSC_5078.jpg


パクリッ…1口食べてみました

これは、珍しい触感です。
カリカリというよりは、ガリガリとした軽快な触感と、
グニグニと抵抗感のある触感が、混じり合って楽しいです。
DSC_5079.jpg   
味は、まさにロッキーロード。
マシュマロのミルキーで甘い味わいと、チョコレートのビターな味が混じって抜群においしいです。



モグモグ…最後まで食べてみました

断面を見ていただいてわかるように、プロテイン生地を固めたようなバーではありません。ガリガリの触感担当のクリスピーと、グニグニ担当のマシュマロのような固まりが、それぞれチョコレートで固められて結合されているような感じです。
DSC_5080.jpg 
プロテインは12gとプロテインバーの一般的な含有量からすると非常に少ないです。

それだけに、プロテインの存在感はまったくないです。クッキーでマシュマロとチョコを挟んだという味わいしかないです。もちろんよけいな雑味もないです。


明日も食べるかな?


食べます。
箱でも全く問題ないです。
はっきりいっておススメです。
ただし…
これはプロテインバーではないなぁ。



点数は?

★★★☆☆ 3点です。
DSC_5077.jpg  
これは悩みますね。このバーはプロテインバーに入れてよいのでしょうか?熱量は1本あたり209kcalとまあありそうな値ですが、タンパク質量が非常に少ないです。味わいと食感はすごくいいです。5点あげてもよいくらいです。でも、機能が低いので残念ながら3点ですね。タンパク質量を高く留めて、味わいをよくするのがプロテインバーの難しさですから。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山形昇平

Author:山形昇平
北海道教育大学附属札幌小学校にて11年間教員として勤務、その後北海道コンサドーレ札幌への出向を経て、現在は札幌市内教員です。学級便り・学校便りの発信、育児・子育てへの提案、運動・遊びのアイデア発信をしています。お子さんの成長の一助となれば幸いです。

ファンタイムへのアクセス数

このページのトップへ