FC2ブログ

記事一覧

ニュートンもびっくり!心の作用反作用の法則

ニュートンもびっくり!心の作用反作用の法則


作用反作用の法則


【作用反作用の法則】さようはんさよう‐の‐ほうそく
ニュートンによる運動の第三法則。ある物体が他の物体に作用を及ぼすとき、それとは逆向きで大きさの等しい反作用が常に働くというもの。(デジタル大辞泉)



 先日の出張で、電車に乗っていた時、とっても恥ずかしい体験をしました。静かな電車内で「わっ」と大声で叫んでしまったのです。みなさんの視線が痛かったです。

 電車同士がすれ違う時、「ガーッ!」ってすごい音と共に窓がガタガタって揺れるんです。普段札幌にいる時は、電車にのる機会がほとんどないので、出張等で電車に乗ると必ずびっくりするのです。今回は運悪く、すれ違う側のドア付近に立っていたので、音がものすごくて叫んでしまいました。

 しかしその出張中、僕は気付きました。不思議なもので、一回経験すると、次のガーッからはあまりびっくりしないのです。意識していなのに、瞬間的にびっくりしないように反応するのです。
どうやら人間には、何かしらの理由で、自分では意識できない心の反応というものがあるようです。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 家に帰って早速調べましたよ。そしたらありました。
 法廷弁護術の極意を、実際の法廷でのケースを交えながら紹介している著書「弁護のゴールデンルール」の中に。
弁護のゴールデンルール

法廷の中で、弁護士が陪審員に向かって主張します。

「みなさんは、私の依頼人に有罪を宣告することは絶対にできません」
すると…陪審員は、
「本当にできないのかな?」
という疑問が自然と湧いてくるのです。

 エヴァンスは言います。

 この作用反作用の法則は単純です。あなたが彼らを押せば、彼らがあなたを押し返す。
 あなたが彼らを引っ張れば、彼らは踏みとどまろうとする。
 あなたが命ずれば、彼らは拒絶する。
 あなたが自分の意見を押しつければ、彼らはそれを却下する。
 ニュートンの運動の法則は、単なる科学的な法則ではない。
 それはまた人間の反応を正確に描写している。


 人間には、本人も意図していない反応があるようです。
 僕は、これを

 心の作用反作用
 と名付けました。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 これ、子どもにもあてはまりますよね。

 「トイレに行きたい人だけ、トイレに行ってください」と言ったら、
 「とりあえずいっとこ」と大勢の子がトイレに行ってしまう。

「この本は大事にしてください。1500円もするのですよ」と言っても、
「そうでもないな」と真剣に考えてくれない。

「勉強しなさい」と言うと、
「したくなくなった」とやる気を無くす。

 エヴァンスは言います。

 この法則に注意を傾ければ、問題を避けて通る方法が見えてくる。
 要求する代わりに、招待するのだ。
 教える代わりに、提案するのだ。
 主張する代わりに、手助けするのだ。
 弁護士にムチは無縁である。必要なのはニンジンだけである。


 子どもに伝える言い方を変えれば、子どもは動くはずです。
 心の反作用を理解する大人や先生は、子どもを動かすことができるのです。
 心の反作用を利用すれば、先程の例は、こう変わるはず。

「次のトイレ休憩は、50分後です。それまで我慢できない人だけは、トイレにいっておきましょう」

「1500円落としたらどう思いますか?」
「この本は1500円するんですよ」


「テストが近くなると勉強大変だね」
「今日は何時までやるんだい?無理すんなよ」


◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 ニュートンが発見したのは物理の世界の話ですが、心にも作用反作用があるなんて知ったら、ニュートンもびっくりするでしょうね。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山形昇平

Author:山形昇平
北海道教育大学附属札幌小学校にて11年間教員として勤務、その後北海道コンサドーレ札幌への出向を経て、現在は札幌市内教員です。学級便り・学校便りの発信、育児・子育てへの提案、運動・遊びのアイデア発信をしています。お子さんの成長の一助となれば幸いです。

ファンタイムへのアクセス数