FC2ブログ

記事一覧

室内で使えるジャンピングボードの作り方 ~手作り縄跳び練習台 手作りジャンピングボード~



手作りのなわとび練習台(ジャンピングボード)を作成してみました。

今回は、前回の作り方を改良して、

☑ 小学1年生が運べるくらい軽いもの
☑ 室内で使用できるもの
☑ 体重が軽い子も弾むもの   を作っていきます。








材料について





IMG_1568.jpg

ジョイフルAKで購入
◆ パネコートイエロー12mm(1,738円)
◆ ラワンベニヤ合板8.6mm(1,320円)
◆ クロセルスポンジ30mm×450mm×450mm(2,090円×2枚=4,180円)
◆ アルミアングル0.8m×19mm×19mm(338円×2本=676円)
◆ ボンド ウルトラ多用途SUクリア(1,042円)
◆ ボンド 木工用速乾500g(470円)

DCMホーマックで購入
◆ ステントラス小ねじM25×30mm4本(151円×2=302円)

ダイソーで購入
◆ マジックテープ(108円×8=864円)

合計 10,112円

 室内用ですから、耐水のパネコートを使う必要がないのですが、ピカピカしていて見た目がきれいなので使いました。
 ボンドは、スポンジが付くものでしたらなんでもよいと思います。今回使ったものはものすごいよくついておススメでした。
 ボンドは、両方とも使い切りました。
 ボルトは、頭が薄いものを選んでください。頭が厚いと縄が引っ掛かります。
 動画では、25mmのものが移っていますが、12mmと8.6mmを重ねると短すぎます。30mmで作りました。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

T1ラワンベニヤ合板 900×450×9mm F☆☆☆☆
価格:1500円(税込、送料別) (2020/5/2時点)





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【04593】 《TKF》 コニシ ウルトラ多用途SUクリア120ml ωο0
価格:1633円(税込、送料別) (2020/5/2時点)





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

広巾マジックテープ100mm×10cm粘着剤付
価格:377円(税込、送料別) (2020/5/2時点)











ボンドでパネコートとベニヤを接着




IMG_1572.jpg

 まず、全体に木工用ボンドを塗ります。それを十分にのばして、板になじませたら、ベニヤ板を重ねます。
 パネコートの方がベニヤ板より小さいので、端がはみ出ますから、気になる方は後でカットしてください。
 乾く間にベニヤがしならないように、重いもので固定するか、クランプ等で固定してください。







ベニヤの厚さについて





 重ねるベニヤの厚さですが、今回は8.6mmにしました。
 この厚さでしなりを調節できます。
◆12mmコンパネ×2…かなり固いです。高学年男子(体重40k以上)の脚力がないとはずみません。1年生くらいだと、床で跳ぶのと変わりません。一方、大人が跳んでもまず壊れません。
◆12mmコンパネ+ラワンベニヤ合板8.6mm…小学1年生~小学校高学年まで対応できます。一方で、大きな子や脚力がある子が跳ぶと床に付きます。
◆12mmコンパネ+ラワンベニヤ合板8.6mm…小学校低学年向けです。かなりやわらかいので、脚力が無い子でもはずみます。
◆12mmコンパネ×1枚…小さな子が跳んでも床に付くので、あまりはずみません。

 ボンドで接着する前に、子どもに跳ばせてみてしなり具合を見たほうがいいと思います。









スポンジで脚を作る




IMG_1580.jpg

 スポンジ30mm×450mm×450mmを6枚にカットします。
 この225mm×150mmの長方形を3枚重ねてブロックを作ります。
 重ねるときは、ウルトラ多用途SUクリアで接着してください。

 スポンジだと床は傷つきません。






脚を固定




 3枚重ねのスポンジブロックを板に固定します。

 片方はボンドで板に直接固定します。

 もう片方は、マジックテープを板と、スポンジに接着して取り外しできるようにします。
 100mm×100mmのマジックテープを半分にして使用しました。

IMG_1592.jpg

 こうすると、跳ぶ子の脚力や、体重に応じて板の硬さを調節できます。

 軽い子や脚力のない子には、脚と脚の間を離してあげましょう。そうすると、よくしなります。
 反対に、体重がある子には間を狭くしてあげます。すると床に板がつかないので、よくはずみます。
 壊れるのを防止することもできます。







おわりに




今回のジャンピングボードは、だいたい1万円以下でできます。
市販のものは3万円以上するので格安だと思います。
もっと安く仕上げたかったら、耐水コンパネをベニヤ板にしたり、
室内では使えませんが、脚を角材にするとよいと思います。

作り方では、マジックテープで脚を移動できるようにしなくてもいいです。

3時間もあれば、ゆっくりと作業しても十分おつりが来ます。



◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

ジャンピングボードがあると…
たくさんの子どもたちが集まってきます。
汗いっぱいになって、なわとびを楽しむようになります。

そして…
お兄さん、お姉さんが上手な跳び方を見せてくれるので、
小さな子は、そのリズム感や動きのコツを自然と身に付けていくことができます。

まさに縄跳び上達の魔法のアイテム!

ぜひお試しを!









外用のジャンピングボードの作り方




外で使えるジャンピングボードが作りたい方は、こちらをどうぞ!

なわとび練習台の作り方~手作りジャンピングボード~







なわとびの上達法へのリンク/h3>


なわとびの上達法を知りたい方は、こちらをどうぞ!


運動神経がよくなる10の方法 なわ跳び編①

運動神経がよくなる10の方法 なわ跳び編②

運動神経がよくなる10の方法 なわ跳び編③

運動神経がよくなる10の方法 なわ跳び編④

運動神経がよくなる10の方法 なわ跳び編⑤

運動神経がよくなる10の方法 なわ跳び編⑥

運動神経がよくなる10の方法 なわ跳び編⑦

運動神経がよくなる10の方法 なわ跳び編⑧

運動神経がよくなる10の方法 なわ跳び編⑨

運動神経がよくなる10の方法 なわ跳び編⑩

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山形昇平

Author:山形昇平
北海道教育大学附属札幌小学校にて11年間教員として勤務、その後北海道コンサドーレ札幌への出向を経て、現在は札幌市内教員です。学級便り・学校便りの発信、育児・子育てへの提案、運動・遊びのアイデア発信をしています。お子さんの成長の一助となれば幸いです。

ファンタイムへのアクセス数