FC2ブログ

記事一覧

バック・トゥ・ザ・フューチャーの世界が今ここにある

バック・トゥ・ザ・フューチャーの世界が今ここにある



 遠足にいった時、クラスの子に

「せーんせー、これなーにー?」ときかれました。
バス 灰皿

 「灰皿にきまってるでしょ!」と思ったですが、いや待て、待て。
 この子達は知らないんですね。
 生まれた時から、公共の場は禁煙なんですね。禁煙ネイティブ。
 「昔はね、バスや電車や、飛行機の中で煙草を吸えたんだよ」と教えてあげました。

 何だかんだと不満もありますが、世の中、素晴らしくなっているのですね。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 30年後の未来の世界を冒険する主人公を描いて大ヒットした映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」。
 その描いた日時がなんと「2015年 10月21日」、今年なんですね。

 映画で描かれていたことが、どのくらい実現されたか、道新こども新聞に載っていた。

 まずは、眼鏡型端末です。
バック・トゥ・ザ・フューチャー 眼鏡型端末

 これは、グーグルグラス等で実現していますね。
グーグルグラス

 薄型テレビ。これなんて、どこの家庭にもありますよね。
バック・トゥ・ザ・フューチャー 薄型テレビ

 ちなみにデロリアンは、生ごみで動いていました。
バック・トゥ・ザ・フューチャー デロリアン

 これは、残念ながら、実現できていません。
『BioLite CampStove』

 と、思いきや、ずいぶんと近いところまで来ているようです。
モンベルが『BioLite CampStove』というストーブを販売しています。
電気やガスが来ていない地域での家庭用コンロとしての役割を果たすために作られたストーブなので、充電はあくまでもオマケ的な機能です。しかし、余剰の電気を充電して活用することができます。

 最後は、ホバーボート
レクサス ホバーボート

 これは、レクサスが動画を公開し話題になりましたね。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 30年後、孫に僕はこういわれるんでしょうね。

「おじーちゃーん、電気ってなーに―」
「タイヤってなーにー」

 楽しみです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山形昇平

Author:山形昇平
北海道教育大学附属札幌小学校にて11年間教員として勤務、その後北海道コンサドーレ札幌への出向を経て、現在は札幌市内教員です。学級便り・学校便りの発信、育児・子育てへの提案、運動・遊びのアイデア発信をしています。お子さんの成長の一助となれば幸いです。

ファンタイムへのアクセス数