FC2ブログ

記事一覧

ナイストライ ~子どもの挑戦は尊い~

ナイストライ ~子どもの挑戦は尊い~



アメリカのスポーツにかかわる監督やコーチがよく使う言葉があるそうです。
それは…

ナイストライ!

 小さな野球選手の卵が三球三振!
 「ようし、ナイストライ!」

 次は、ボールに当たったぞ!
 あっ、でも三塁に走っちゃった!
 「ようし、ナイストライ!」

 思い切ってスイングするとこにチャレンジしたことが何より大切。
 全力で走ったことこそ挑戦。
 それが「ナイストライ」のメッセージ。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

ミスや失敗は本人が一番分かっている。
そんな時に「ダメ出し」するなんて、あまりにも野暮じゃあないか。

「ナイストライ」
果たして、先生は言っているのかな?
ちょっぴり胸が痛みます。

キミ達の、課題や失敗ばかりに目を付けていないか?
わずかな失敗に目を向けすぎていないか?

一つ一つの挑戦には大きな価値がある。
挑戦するたびに、必ず手に入れることができるものがあるのだから。


それは、「勇気」


キミ達のナイストライ!しっかりと見ていくよ。



附属札幌小学校 5年2組学級通信 53号を再編集し、再発信しています。
子どもを育てようと思うと、その願いが強ければ強いほど、課題や失敗に対する眼差しが強くなってしまうものです。いわゆる「ダメ出し」ですね。「ナイストライ!」日本語にはない表現ですね。本当にいい言葉です。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山形昇平

Author:山形昇平
北海道教育大学附属札幌小学校にて11年間教員として勤務、その後北海道コンサドーレ札幌への出向を経て、現在は札幌市内教員です。学級便り・学校便りの発信、育児・子育てへの提案、運動・遊びのアイデア発信をしています。お子さんの成長の一助となれば幸いです。

ファンタイムへのアクセス数